三華堂はりきゅう整骨院/整体院のブログ

自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂鍼灸整骨院のブログです。

自分での簡単な体の問題への対処方法など医療のことから私の気になったことの紹介まで幅広く情報を発信する窓口にしたいと考えています。

http://sankado.com/
店舗選びで悩む【腰痛治療は三華堂整体法鍼灸治療院】
0

    昨日は気になったテナントを見に行ってきました。


    そのテナントはマンションテナントの一室に入っており、マンションの奥の方にあるテナントになります。

    なので、通常外から見るとそこに治療室があることがわからないのですが、マンションの表にデカデカと看板を出しているので、そこに存在しているという事は分かります。


    治療室自体が少し奥なのでそこまで患者さんに来ていただかないといけないというのが難点になります。


    なので目的がはっきりしていないとここまでは来ていただけないだろうな、というのが感想です。


    これだけだと、もう選択肢には入らないわけですが、悩んでいる理由の一つとして、居抜き物件だという事です。

    ここは現在治療室なのです。


    現在も営業されているのですが、今年の末に退去されるという事なのです。


    なので、私が欲しい間取りが全て詰まっている場所になります。


    スケルトンから作り込んでいるのでお金をかけたんだろうなという印象でした。

    中も広くて、拡張性もあります。綺麗な印象です。なので出店の際非常に楽に出店が出来るんです。


    駅からも近くて、徒歩2分。目の前にパーキングもありますバス停もあります。なのでアクセスは抜群ですね。


    しかし、マンションの奥の方、というところが本当に悩みどころです。


    道を歩いていてパッと入ってくる感じではないのです。


    そこが、惜しい(>_<)


    家賃はまあ、ボチボチというところでしょうか。

    なので患者さんに知っていただくには、インターネットでの集客を相当意識しないといけないでしょう。これ、結構難しいんですよね。さて、本当悩むところです

    【腰痛治療は三華堂整体法鍼灸治療院】
    店舗開業までの道のり | 11:59 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    創業補助金に応募してみる
    0

      今年度の創業補助金に応募してみる事にしました。


      創業補助金とは上限200万までの補助をしてくれるという国の政策です。


      返還は基本的にはないですが、利益が相当出れば返すような仕組みです。



      ただし向こう5年間の経営の報告が必要になります。


      補助される内容としては主に人件費と外装内装費、広告費、賃料などが大きなところです。


      これから創業する人にはとてもいいものですね^_^


      しかし、とても面倒くさい上に、とても採択されにくいです。毎年採択率も低くなっているので今年は去年よりも低いでしょう


      さて、今年は4頭から募集がはじまり、28日17時までになります。

      私は今日書類を出し終えました。


      やってみて思ったのが本当に面倒くさい。そして申請の仕組みが本当にわかりにくく、煩雑でした。


      その中でも特にインターネット申請に関してが最悪です。


      事務局としてはインターネット申請を推奨しています。書類を出す上で図や文字の色を変えてわかりやすく表現した方がいいと、一般的には言われていたのですが、インターネット申請ではそれが一切出来ません。


      黒一色、わかりにくいことこの上ないです。

      なので、色など図を使う部分においては別途PDFで添付して送ることは可能か聞いたところ、その項目全部をPDFで添付して送るのはダメと言われました。


      インターネット申請を推奨しているのに、インターネットで色や図を挿入出来るように作られていない。

      もはや意味がわからないとしか言えません。


      インターネットが流行ってるからその機能をつけました程度のものです。使って欲しければ使えるように設計しないといけませんが、なされてない。


      これが国のやり方なのでしょう。


      そして、異様に多いコピーの要求。本書類以外に4部もコピーを同封しないといけません。

      元データとハンコを押したデータも同封して送るのですが、そのメデイアがCDRのみしかダメというのもよくわかりません。


      今時データ書き込み用CDRを手に入れる方が難しいのではないでしょうか。


      書類の提出方法にまで注文がありまして、簡易書留、特定記録、このどちらかでの提出とのことです。


      重さも重なりお金がかかって仕方ありません。

      そして、コールセンター要員の質が低い、というところです。

      CDRでしか記録媒体はダメなんですか?

      はい


      以上です。

      いやいや、なぜダメなのか、DVDではなくCDRのみの受付になっています、とか表現の仕方があると思います。

      おそらくコールセンター未経験者が沢山集まっているんだと思います。ロクに研修もしていないんだろうなという印象でした。


      短期募集で集めて、これが終われば解散、だからこれだけ質が低いのでしょう。


      彼らは多分今後電話のお仕事は出来ないと思います。


      創業補助金、やってみたら大変だった、これが感想です。


      ただ、事業内容やお金の具体性を考えて書類を作るのでいろいろ考えさせられたところもありました。


      例えば、創業に際しどこでどの程度お金を使うのか。これはかなり具体的に調べたりして、こういうことをするとこの程度かかるのか、ということがしれました。


      あとは2年度3年度と将来にわたっての経営計画を無理のないレベルで目標立てするというところも結構リアルに考えさせられました。


      そういう意味で、自分がなりたい将来像も具体化しました。


      そういう部分においてはとてもいい経験だったと思います。


      さて、これが通るかの結果が来るのが7月くらいだったと思います。

      さあどうなることやら。通っても通らなくてもどちらでもいいです。が、この補助金のやり方をもう少しいろいろ考えて欲しいなと感じました


      【腰痛治療は三華堂整体法鍼灸治療院】

      店舗開業までの道のり | 12:14 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      恵比寿へ店舗探しに【腰痛治療は三華堂整体法鍼灸治療院】
      0

        昨日は恵比寿に店舗探しに行ってきました。


        恵比寿は皆さんご存知、比較的高級なイメージですよね。

        私もそうでした。行ってみると、駅の出口により印象が変わるという印象でした。動く歩道の先の出口を出ると、確かに高級感がある雰囲気でしたが、アトレ側から出ると飲み屋街があり、普通の駅前という感じです

        さて全体的な街の雰囲気はというと、私が行ったのが昼間だったためなのか、人で賑わってるという印象はなくそれほど商圏も広くなく商売に適しているという印象は受けませんでした。


        治療院の数も、確かに一画に集まっているところはありましたが、全体的に見ると少ない印象です。


        つまり、あまり治療院には適さない街なのでしょうか。


        昔私が行ったことがあるカフェが恵比寿にはあったので行ってみると、別の店になっていました。確か王様のブランチで紹介されてたイメージだったのですが…

        もしかすると入れ替わりが激しいのかもしれませんね。


        さて恵比寿は私の戦場として戦いやすいのか、どうなのか、少し検討というところです。



        【腰痛治療は三華堂整体法鍼灸治療院】
        店舗開業までの道のり | 12:04 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        開業までの道のり【店舗】
        0

          店舗を探すのは本当に大変ですね


          昨日は成城学園前駅と登戸、向ヶ丘遊園駅周辺をフィールドワークしてきました。







          最近、駅前フィールドワークが趣味になり始めています

          さて、印象に残ったのは成城学園前駅。成城学園前の駅前を一通り周り、試しに不動産屋に入りテナント情報をもらいました。


          成城学園前は事前情報でテナントを調べていきましたが特にいいものがなかったので、だいたい予想はしていましたが、不動産屋に相談しても同じ結果でした。


          しかし、他の地域と少し違うところがあったのです


          それは、駅の規模と商圏の広さにしては物件の貸主が金額に強気の設定をしているところでした

          3つほど見せてもらったのですが、内2つはなかなかバラエティーに富んだ内容でした。


          一つ目をの物件は、空中階である三階で10万弱、エレベーターなし物件が最安。まあ、こんなものかと
          思っていたのですが、下の方に小さく書いている特記事項を見ると、【ただし最初の4が月のみ】とありました。

          こんな条件聞いたことがありません。そしてそれ以降は16万に金額がアップになります。


          そしてもう一つ、【2年間の定期借家】

          定期借家というのは更新が出来ない物件です


          もう、この時点で誰がターゲットなのか
          わからないとんでも物件です。この物件を進めてくる不動産屋の性能ももはやぶっ壊れているといっていいでしょう


          しかも、鍼灸整骨院を出したいと言っているのに、そこの二階には整骨院が出ています。

          もし仮にその物件に出した場合、私の治療院に一体何人が来てくれるのでしょう^^;

          絶対に二階の整骨院にはいると思います。

          もはや、コントです。


          成城学園前恐ろしや


          そしてもう一つ印象に残る物件がありました。


          そこは二階の路面店舗、歯医者が出るので空く物件ということでした。

          さて、家賃はというと30万弱。

          まあ、広さもそこそこでこのグレードならまあ100歩譲っていいのですが、ここでも特記事項


          ※看板を設置する場合は別途30万弱(金額は忘れました)の支払いと月々15000円の利用料あり


          テナント全体に店舗の名前でも書かせてくれるのでしょうか


          看板設置でどれだけとるんだと不動産屋に言ってしまいました


          成城学園前は不動産屋も説明はしていましたが、家主があまり貸し出しをしたがらないかかなり強気な設定が多いそうです。


          なので土地関係者か身内の人間がテナントを用意して店を出していることが割と多いとのことでした。


          高級住宅街なのでできるだけ余所者は入って来てほしくないと言うのが物件を見ているだけでわかります。


          不動産屋曰く、あまり商売に適している場所ではないので別の駅がいいのではないかとアドバイスをくれました

          物件周りをしているといろいろと発見があり面白いものです

          腰痛治療は三華堂
          店舗開業までの道のり | 11:56 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          店舗開業までの道のり【テナント】
          0

            一昨日と昨日は続けてテナント探しに街に出ました。



            治療が終わってからの店舗探しは疲れますね^^;


            さて、そんなこんなで何か良さげなテナントがあったかというとどれもイマイチという状況です。


            吉祥寺駅から徒歩1分、駅近はありましたが、ビルの8階で外から見えません。看板も出せないので路面集客が出来ないという決定的な弱点を持っています。

            しかし、駅1分なので天気に左右されず、リピート患者さんのためにはよさそうな立地でした。


            もう一つは吉祥寺から徒歩五分、商店街に面したマンションの一室。

            ここはマンションは商店街に面していますが部屋自体は奥にあるので目に付きません。同じく看板集客が難しい立地です。

            正直微妙としか言えない状況です。
            その商店街のマンションで看板を出せるかの交渉を出来るということだったのですが申し込みをしないといけないとの話でした。

            なので申し込みをしようと書類を書いていたら保証人を立てる必要があると言われ、保証会社なるものを立てろと言われました。

            保証人はわかるのですが、保証会社というのは初めて聞きましたので詳しく聞いたところ、保証会社を挟むと保証金として一月分の家賃金額を払う必要があると言われました。

            そして更新時には15パーセントが取られます。

            いやいや、ちょっと待てという事を伝え、記入を中断しました。

            明らかにおかしい新しく登場した保証会社への支払い、これはこれから店を出す人間からお金をとるためにいるだけの存在に見えてなりません。保証人を両親頼もうと思っていたので保証会社に頼まなくても別にいい状況。


            これを聞いた段階ですでにこの物件に関して興味が失せ始めていました。

            とりあえず保証会社に金を払うつもりはない、訳がわからないと伝えたところ、不動産会社は突然確認し始めて、驚きの発言


            実は聞いた相手が詳しくなく、保証会社への支払いは半額でいいと言い始めたのです。


            いやいや、ちょっとまてとなりますよね。


            そんな簡単に保証金が変わるシステムって一体なんだと


            安くしたからだから保証会社に契約してくれって、完全にお金をむしりとる気満々です。保証会社と不動産屋とのつながりって一体なんなのか。


            そこまでに1時間ほど時間を使ってやりとりしたのはこれでした。

            とりあえず年明けに話は持ち越しする事になりましたが、もう契約する気はほぼない状況です。

            少し疑問ですが、もしこの交渉を出来ない人ならお金いろんなところに取られていたのでしょうか。


            大きなお金を動かそうとした時、逐一確認をする事は必要だなとつくづく思わされた次第です

            腰痛治療は三華堂
            店舗開業までの道のり | 11:54 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            【店舗について】店舗開業までの道のり
            0

              治療を午前で済ませて吉祥寺の不動産屋をめぐりました。



              その中で最初に行った不動産屋さんの担当の人と話をしている時に、その人も整骨院に週一で通っているという話になりました。


              話を聞くとヘルニアがあるから整骨院に世話になっていると聞きました。



              ヘルニアなので長い間患っている腰痛なのだろうと思い、鍼も試してみれば?と聞くとその整骨院でもそう言われて、一度試していました。


              それでどうだったのかというと、どうも鍼が合わないのか効き目がなかったと話していました。


              どれ位の頻度でやったのかを確認すると、一度だけの治療のみでした。

              この話を聞いて、この方の場合、治療計画を立てて持続的に治療していくということを治療者が話していないということがわかりました。

              結局その後マッサージを週に一度整骨院に受けに行っているようでした


              さて、この話を聞いて以下私の思うところなのですが

              治療計画の説明をする事は患者さんの協力をあおぐためには必要な治療の補助テクニックだと思います。



              鍼治療も他の投薬治療、マッサージ治療も同じだとは思いますが、計画的に刺激を加える事で効果を出す事が出来るものだと私は考えています。

              この方に効果がなかったのはもしかして本当に合わなかったのかもしれませんが^^;

              なので、その事を患者さんに伝えて、これからどの程度の頻度でどういう効果を狙うために刺激を続けていく、ということを話す事も治療の一部だと私は考えています。


              説明をせずにそのまま治療を一度した事で終わった場合、患者さんはその技術を一度する事で効くと思っている事が多いと思います。


              しかし、一度の治療で効果がでなければ、その技術で効果が得られなかった、と感じます


              事実、私も鍼や整体を自分でやる前は一度やれば効くものと思っていて、一度で効かないのは腕がないからだと思っていました。

              しかし実際自分でやっているとそうではない事が多く見られます。


              治療者はとかく、治療ポイントと技をやる事にばかり注意を払いがちで説明をしない人が多いと感じます。


              しかし治療行為をするだけだとその技術がどの程度の期間刺激をしないといけないものか、は患者さんには伝わりません。

              しっかりと説明する事で持続的に治療をさせていただく事が出来るようになれば、それだけ治療効果も期待出来きる事も多く見てきました。

              とすれば説明をする事は患者さんの協力をあおぐためには必要な治療の補助テクニックです


              これから自分も引き続き治療をしていく上で本当に気をつけないといけない部分であると感じた出来事でした

              腰痛治療は三華堂
              店舗開業までの道のり | 12:00 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              【ホームページ】【店舗開業までの道のり】
              0

                こんにちは、店舗開業を来年三月くらいにしたいと思っています。


                するしないは自由ですので、そのまま心で思っているだけだとズルズルと、伸びそうなのでここでつぶやきながら進めたいと思っています。

                さて、店舗も悩みのの種ですがホームページも重要な要素です。

                これは出張でやっていると避けて通れないところなのでわかってはいますが、作り変えないといけませんのでまたデザインやら載せる情報などを、考えないといけません。

                現在は自分でやっているのでやり方も何をするべきかもわかっています。


                しかし製作作業というのは結構大変なのです。

                それをこれから少しづつ進めていこうと思います。

                ポイントは、検索ワードと、レイアウトですね。

                検索ワードに関しては私は腰痛に関して長くやっていますので腰痛になります

                レイアウトに関するポイントとして以下を気をつけて考えていこうと思います

                ?患者様が何を見たいか
                特にレイアウトは患者様に見ていただくにあたりどうすれば患者様が見やすい情報を与えることが出来るか、ということを考えてデザインしないといけません

                デザイン性が優れているサイトは大体が使いづらくどこに何が載っているかわからなかったりします。

                そうなると誰のためのサイトなのかさっぱりわかりません。

                ?自分本意な発信サイトにしない
                自分が何流の治療を使い、
                どれだけの人に支持されているか、
                何人の実績があるのか、
                自分の理念は何か、

                施術者はこれらのことを言いたいと思いますが、正直患者様からするとこのような情報は二の次だと感じます。

                料金はいくらで、
                なんの治療を
                どのようにするのか、
                どんなスタッフがいるのか

                というところがみたい情報なのではないでしょうか?


                ?パソコンに慣れてる人視点のページにしない
                パソコンに慣れてる人はウェブの配置をすぐに把握することが出来ます。
                どこのボタンは大体どのあたりにあって、どういう風に作られているかわかるからですね
                しかし、そのような方がウェブを作ると

                ボタンが小さい、
                まとめられすぎててどこに目的のボタンがあるかわからない、
                レイアウトが複雑になる

                という弊害が出ます。

                ここまで3つの気をつける点を挙げました


                どれにも共通していることですが、誰のためのサイトにするのか、ということを気をつけて作る必要があると感じます。


                これから時間もありませんのでこれらを気をつけながら少しづつ進めて店舗開業まで持って行きたいと思います

                腰痛治療は三華堂

                店舗開業までの道のり | 07:39 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                【店舗について】店舗を出すまでの道のり
                0

                  来年の初めには店舗での治療を始めたいなと思っています。



                  そこで、いろいろな準備が必要な訳ですがまずは店舗を契約するところですよね。

                  おおよその目星はつけていますがまだ物件を見つけられてはいません。


                  場所としては吉祥寺を予定しています。が、他に良さげなところがあれば他でもいいとは考えています。



                  さて、店舗を用意するにあたりいろいろ考えないといけません。


                  使える資金の中でどこにするのかですね。


                  テナントにするのか、マンションの一室にするのか、駅のどちら側にするのかなどなど。



                  しかし、ここで最も重要視しないといけないのがどの場所にすれば患者さんが来やすいのか、という部分だと思います。


                  いくらテナントや家賃が安くても、患者さんが来にくい場所では誰のための開業なのかわかりませんよね。


                  制約はたくさんありますが、大切なところは忘れないように決めていこうと思います。

                  皆様はどういう治療院であれば通いやすく感じますか?


                  腰痛治療は三華堂
                  店舗開業までの道のり | 11:56 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  • <<
                  • 2/2PAGES