<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

無理な柔軟で腰椎に【腰痛治療は三華堂整体法鍼灸】

先日、柔軟をしてから腰が痛くなったという方の治療をしました。腰椎を防ぐために柔軟をするのですが、無理に柔軟をしようとすると逆に痛めてしまいます。



その人は少し頑張って柔軟をしてしまったみたいですね。


では、痛めないように柔軟をするにはどうすればいいのでしょう。

柔軟やストレッチ、ヨガなどの体操は教室に通うと一週間に一回程度しか通うことはないと思います。

しかし、筋肉の可動性というものは毎日硬くなります。なので、毎日コツコツと少しづつでいいので続けることが重要になります。


一週間に一回ヨガなどに行って頑張って柔軟をしてもだいたい二三日もすれば元に戻ってしまいます


そして、一週間に一回しかやらないと逆に体に負荷がかかりすぎて壊してしまう原因にもなります。

ストレッチや柔軟で腰を壊して腰椎にならないためにも毎日少しづつコツコツとストレッチを行うようにしてみてください


【腰痛治療は三華堂整体法鍼灸治療院】
2016.02.19 Friday 22:34 | comments(0) | trackbacks(0) | 

低気圧の接近で腰が痛い

週末は強烈な寒気をもつ低気圧が接近してとても寒くなりました



皆様風邪など引かれてないでしょうか?

こういう寒い日が続くと意外と風邪は引かなかったりします。体が寒い日になれるからかもしれませんね。

今週末は暖かくなるということなのでそのタイミングが怖いかもしれません


さて、寒気を含む低気圧が接近して感じるのは、体の弱い所に影響が出るということです。

例えば歯が悪ければ歯茎が痛んだり、胃が弱ければ胃が痛んだり、そして腰が悪ければ腰が痛んだりします



若い時は体の柔軟性があるので、気圧の変化に晒されても体が順応してくれます。

しかし年をとればとるほど体が硬く、そして機能が落ちているので気圧の変化について行けずあちこちに変調を来すのですね。



だいたい30歳くらいからこの変化についてこれなくなります。


ではその変化に対応する体にするにはどうすればいいのでしょう。

いろいろ方法があるとは思いますが、一番は足元を鍛えて体力をつける事です。



体力がないと外の環境の変化で不調を訴える事が多くなりますが、体力があると体の対応能力が高くなり、変化にそれほど動じなくなります。

30代を越えてくると特に足元の筋肉は著しく落ちてきます。

その衰えが体全体の力を落としてしまいます。

皆さん、体のケアをする癖をつけて、季節の変化に苦しまない体を作るようにしていきましょう^_^

腰痛治療は三華堂
2016.01.25 Monday 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) | 

転倒と腰痛

また週末も雪が降るそうですね。しかし月曜ほどの雪にはならないようです。



このあいだの雪で皆さん転倒してはいないでしょうか?転倒して腰を強打して、腰痛にならないようにしましょう


私は危うく転びそうになりましたが、なんとか無事でした。雪の降る日は路面凍結により転びそうになりますがそれよりも怖いところがあります。


それは、金属の排水口です。



意外とこの金属で出来た場所を気をつけなかったりして、走っていて転んだりします。この場所は雪が降っている日に限らず、雨の日でも転倒しやすい場所です。


そして、金属の排水口よりもさらに危険な場所だと感じるところがあります。


それは階段です


階段で特に屋根がない階段は危険がいっぱいです。



雪で滑りやすくなっていて危険なのはもちろんですが、危険なのは転んだ後です。

路面で転んだ場合、平面で強打するだけなのでまだいいですが、階段で転んで転倒した場合、階段自身の角により腰の骨に衝撃が行きます。


こうなるとひどい時は骨折の危険も高くなります。腰痛どころの騒ぎではありません。


雪の降る日、外には危険がいっぱいになります。特に東京は雪のある生活に慣れていませんので特に注意が必要ですよね。


転倒して腰痛にならないように、足元に気をつけて週末の雪の日を過ごしましょう


腰痛治療は三華堂
2016.01.22 Friday 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) | 

腰痛とお酒

お酒を飲むときには腰痛に気をつけましょう



なんだかよくわからないつながりに思えますよね。でも、腰を壊したり、ぎっくり腰になったりした人の話を聞いていると酒が関係している事がわかります

お酒を飲んでタバコを吸いに立ち上がったらぎっくり腰になった

しばらく暇な期間が続いたので毎日酒を飲んでいたら徐々に腰が痛くなった

居酒屋で立ち上がろうとしたら腰を痛めた


などなど、話を聞いていると腰に関係してお酒の話が出るわ出るわ



これはどうしてなのか、という事を考えざるおけませんよね。

おそらくの理由として、

お酒を飲むと体が冷えるため腰痛を引き起こしやすくなる

お酒を飲むと肝臓を疲れさせるために血液の質が悪くなり腰痛につながる


こう言ったところがお酒を飲んでいると腰痛につながるのかもしれません



お酒を飲む事は楽しいですがそういった側面がある事を理解しておくといいでしょう

腰痛治療は三華堂

2016.01.17 Sunday 12:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 

寒邪による腰痛

寒邪とは、外邪の中の寒さに由来する外邪の事です。



外邪とは外からの侵入者の総称として使っている言葉になります



さて、寒さが急に厳しくなりました。寒邪による体への攻撃が厳しくなったということでもあります。


寒邪が体に侵入すると、体の機能を落としてしまいます。寒邪が攻撃する方法としては体の外から体を冷やそうとする方法もありますが、口や鼻から体内に侵入して体を中から冷やして機能低下を狙う方法もとります。



寒邪による体の機能の低下により様々な事が起こりますが、腰痛もその一つですね。

腰痛は筋肉の機能低下により起こる症状になります。



筋肉は寒邪により機能が低下しやすくなります。

寒邪による腰痛が起こらないように、しっかり運動をして、冷えにくい体を作る事で防ぐ事ができます。



そして、寒邪は夜寝ているときにも体の中に侵入してきます。マスクをつけて侵入の入り口を防いであげる事で寒邪の侵入を防ぐ事も出来ます。



これからもっと寒くなり、寒邪の攻撃が盛んになるでしょう。腰痛で体を壊さないようにしっかりと対策をして備えてください


腰痛治療は三華堂
2016.01.12 Tuesday 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) | 

座りっぱなしで起こること

2時間座りっぱなしだと大腸ガンになるリスクが増えるそうです。



確かに、座りっぱなしだと下半身の血液状態は悪くなりますので、リスクは増えるかもしれませんね。


座りっぱなしで仕事をしている人は多いのではないかと思います、特に女性は大腸ガンのリスクは多い方なので気をつけた方がいいでしょう。

ところで、座りっぱなしでリスクが増えるのはなにもガンだけの話ではありません。


腰痛にもなりやすくなります。



度々紹介をしていますが、腰痛はお尻の筋肉が関係していることが多いです。



それはお尻の筋肉が体を支えるために大きな役割を担っているからです。

座りっぱなしだとお尻の筋肉を圧迫し続けていますので、必然的に固く緊張感を持ちやすくなります

そうすると最初は腰が重く感じ始め、そして腰の違和感、腰痛へと進化していきます。


仕事をしているとついつい座りっぱなしになりますが、たまに立ったりして姿勢を変える事を心がけてみてはいかがでしょうか。

頭への血液も回りやすくなりますので気分転換になる事は間違いありません

腰痛治療は三華堂
2016.01.10 Sunday 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) | 

お尻の筋肉と腰痛

昨日は治療の後国分寺を歩いて来ました。


ゴミゴミしてなくて国分寺はいい街だなと感じました。でもやはり空き物件が少なく、なかなか厳しい^^;



さて、昨日はよく歩いたので腰回りが重くなりました。なのでお尻の筋肉に刺激を与えて自分で治療をしておきました。

たまに紹介しているのですが、腰痛の治療の際にはお尻の筋肉を適度に刺激をして治療をしています。

お尻の筋肉は厚さも範囲も大きいです。そして足回りに行く神経も筋肉の間から出ています。



例えば腰痛なり運動なりで腰回りが重くなった時はお尻の筋肉も同時に固くなっています。

腰だけ刺激をしてお尻の筋肉をそのままにしておくと、お尻の筋肉の緊張感が残ったままになるので、足への神経への負担も増えることになりイマイチすっきりしない、腰痛が取れにくい状態になります。


ヘルニアなど原因もないのに腰痛が取れない人はお尻の筋肉の緊張感も疑ってみるといいかもしれませんね^_^


もちろんそこだけではないですが


腰痛治療は三華堂


2016.01.05 Tuesday 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 

腰痛の時の服装

新年早々腰痛になっていませんでしょうか。今日で正月休みも終わりですね。こののんびりした空気感がとても好きなので残念です。

さて、新年早々に腰痛で困っている方はいませんでしょうか?後1日で社会は平常運転になりますのでもしなってもまだ安心です


もし仮に腰痛になって、まだ動ける方は無理をしないようにしましょう。

腰が痛い時の服装は特に大事です。靴の選び方一つで悪化もするし歩きやすくなったりもします。

靴を選ぶ際はスニーカーなど底が柔らかくて軽い靴を履くと腰痛でも歩く事で不快感を感じることは少ないでしょう



皆様腰痛の際の身に付ける物は気をつけてくださいね^_^

腰痛治療は三華堂
2016.01.03 Sunday 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 

ぎっくり腰のパターン 足元の物をとろうとした時

そろそろ年明けが近ずいて来ていますが、皆さん健康に過ごせていますか?



私は週末にテナントを探しに行ったり治療に行ったりで忙しくしているため、いつ風邪を引くか戦々恐々です。

ということで、年末、年明けにかけて医療機関は軒並み休み、私ももう予約は受けていません、ので出来るだけ健康に過ごせるように腰痛になるパターンをご紹介しています。

パターンを知っていれば用心は出来ますよね^_^


患者さんから聞く腰痛になるパターンは大体似た物が多くなります。

その中でよくあるパターンで、不意に足物の物をとろうと屈んだ時に腰を痛めてぎっくり腰になる、というパターンです。


足元の物を拾ったり、低い位置にある冷蔵庫の扉、引き戸などを開けようとした時になる事がよくあります。

そして、この動作もそうですが、大体が前日にお酒を飲んでいたりする事が多いです。



お酒を飲むと肝臓の力が下がります。肝臓の力が下がると血液の質が悪くなりますので筋肉が栄養されず能力が下がり、そして腰を壊しやすくなります。


年始年末は行事が多いので割と起こり得る腰痛のきっかけです。

お酒を飲んでいて、つまみの用意のために台所に立ち、足元の引き戸や冷蔵庫を開けるために屈んだらそこで腰痛になる。



そうなって寝正月になると目も当てられません。

お酒を飲んだ後の動作には気をつけておきましょう。

腰痛治療は三華堂
2015.12.29 Tuesday 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) | 

ぎっくり腰のパターン くしゃみ

昨日はクリスマスでしたね、皆様いかがお過ごしでしたか?



そしてもうすぐで今年も終わりになります、年の瀬と年明けは健康に過ごしたいものです。


昨日は風呂のタイミングで腰痛になり治療をするパターンを紹介いたしました

引き続き腰を痛める代表例を紹介いたします、健康に過ごすためには用心も大切です


さて、腰痛になる原因の一つとして、くしゃみのタイミングで腰を痛めることがあります。



これはなんとなく想像もつきやすいでしょう。

くしゃみをする時にはお腹の力を入れて一気に空気を吐き出します

その時にはお腹だけではなく、腰やお尻の緊張感も大きくなります。そしてくしゃみをする時に一瞬で力が最高潮に達しますのでそのタイミングでぎっくり腰や腰痛になり、動けなくなります。

患者さんから電話がかかってくるきっかけになるパターンの一つです。

くしゃみで腰痛になった、と言うと笑い話になりますが、なっている本人は笑い話ではすみません。

そうなってしまったら楽しい休みの日も台無しです。



くしゃみをする時はなるべく無理のない姿勢をとってからくしゃみをする事である程度は防げますので、年末年始に腰を痛めて腰痛の治療が必要にならないように気をつけてください


腰痛治療は三華堂
2015.12.25 Friday 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< | 2 / 3 PAGES | >>