<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

チョッパーの治療と整体の日々 ぎっくり腰(治療7日以降の話)

 ぎっくり腰になった直後の話 2-3日以降の話は前回書きました。ではそれ以降はどうすればよいのでしょうか


一週間も経過していれば回復が始まってきていると思います。そうなった場合は患部を温めてあげ、軽く伸ばすような事をしてあげると良いでしょう。しかし、人により回復は様々ですので注意が必要です。

この時点ではサポーターは外した方が良いと思います。筋肉が萎縮し弱まるのを防ぐ為多少痛くても外すべきと考えます。


これくらいになればマッサージも可能だと思います。

さてぎっくり腰の厄介なのは、繰り返すところです。

ではまた

三華堂
2011.10.11 Tuesday 08:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 

チョッパーの治療と整体の日々 ぎっくり腰(治療2-3日以降の話)

 ぎっくり腰になった直後の話は前回書きました。では2-3日経過した状態はどうすればよいのでしょうか。


まだ腫れがあり炎症がひどければ安静維持ですが、基本的に冷やすのは控え暖める方向に行く方がよいでしょう。サポーターもなるべく早く外した方がいいので痛みがない範囲でサポーター離れをし、安静にしているのが良いと思います。


2-3日で炎症は過ぎるのでそれ以降は傷が固まってきます。なのでそれをサポートしてあげる為に、安静するのが一番です。そしてだれかにやってもらえるのであれば表面を摩るくらいの簡単な刺激は言いと思いますが、判断が難しければなにもしない方がいいでしょう。

ギックリ腰は2週間くらいは痛みがでます。

ご注意を

三華堂
2011.10.10 Monday 12:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 

チョッパーの治療と整体の日々 ぎっくり腰(治療)

 ぎっくり腰になった際の自身でおこなう対処としては、なってから2-3日は一日15分ほど冷やすのは良いでしょう。そしてそれ以降は暖めて筋繊維が硬直しないようにした方がいいです。

それではなった直後に冷やした上でなにかできないのでしょうか?

治療を受けるわけでなく自分でケアをするとなると、サポーターなどで保護してあげるのが良いでしょう。
そして2-3日は安静に過ごす、これが最善です。

お風呂に関しては諸説ありますが、特に入ったからといって悪化することはないですが、人による可能性もありますので無難にシャワーだけがよいでしょう。


では2-3日以降はどうしたらよいのでしょうか?

ではまた

三華堂
2011.10.09 Sunday 12:16 | comments(0) | trackbacks(0) | 

チョッパーの治療と整体の日々 ぎっくり腰(発生メカニズム)

 こんにちわ ぎっくり腰の種類はそれぞれあることは伝えましたがそれぞれのメカニズムはどうなのでしょうか?

大体ぎっくり腰と限定される物は骨折や脱臼までは行かない筋肉や関節の損傷であると考えています。
簡単に言うと筋肉の重度の緊張により断裂(微細な)や靭帯が軽く伸びてしまうような事であると考えられます。

実際のところ細かいところがどうなっているのかはだれにもわからないのでこうい説明になる事は申し訳なくおもいます。

なので筋断裂や関節を守るためにも皆さんストレッチをしっかり普段からやっておきましょう。

三華堂
2011.10.08 Saturday 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) | 

チョッパーの治療と整体の日々 ぎっくり腰(種類)

 ぎっくり腰、といってもおじいさんやおじさんがなるものであると考えている方も多いと思います。

しかしぎっくり腰にもいろいろな物があり、若い人でもなる事は良くあると思います。

当方のサイトでも軽く紹介していますが、

_畩蠅壁蕾戞淵好檗璽帖砲砲茲襪っくり腰。

∀群宗体力低下によるぎっくり腰。

1浜槁埖からのぎっくり腰。

大体大きく分けるとこのようになるのではないでしょうか?
皆さん気をつけましょう。

三華堂
2011.10.07 Friday 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< | 2 / 2 PAGES |