<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

骨盤矯正ベルトって・・・

JUGEMテーマ:健康

 

最近患者様と話していると、骨盤矯正ベルト、のお話を伺います。

 

通信販売やテレビショッピングで目にすることがあったので存在は知っています。少し見た感じですと、骨盤を固定しずれを直していく、というようなものだと思います。

 

若い女性でも流行っているようですよね。美容関連グッズになるので若い人の方が注目しているのかもしれません。

 

さて、この骨盤矯正ベルト、僕たちのような施術者目線で行くと皆さんどうお考えなのでしょうか。

 

骨盤の動作としては、基本的に稼働するもの、です。

 

どういう時に動くかというと、

 

歩行時

 

体を捻じる、等の時

 

寝ている時の寝返りの時

 

などなど。

 

様々な時に骨盤は微妙な動きをして、各関節に負担がかからない様に体の動きの手助けをしています。

 

しかし、骨盤矯正ベルトを着けてしまうと骨盤周りを締め付けられてしまい、動きが制限されてしまうように思います。

圧力の強い下着をつけているようなものでしょうか。そうなると、体の動きも悪くなりますし締め付けによりリラックスもしにくくなることから、あまり体にとってはいいものではない気もします。

 

そしてベルトを付けることで、自分の筋肉の代わりに体を補助してしまいますので、筋力の低下にもつながると感じます。

 

腰痛治療の時も、ある程度急性期を超えた場合はコルセットは外していただくように指示をします。それは筋肉サポートが長すぎると、筋力低下につながり、結果として腰痛治療の妨げになるからですね。

 

筋力低下に関してはこれと同じことが言えるのではないのかなーとも感じます。

 

+面で考えれば締め付けていればその部分の皮下にはむくみはたまりにくくなるので、腰部においてはむくみがとれたように見えるとは思います。

 

ということで、多少のプラス面はありますが、結果を申し上げると、骨盤矯正ベルトで骨盤を固めて矯正しようという考えは少々乱暴な考え方ですので、偏りが出たら手技で誰かに直してもらうのが一番です。

 

【調布市国領で腰痛治療から自律神経ケアは三華堂はりきゅう整骨院】

2018.03.22 Thursday 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 交感神経の場所は・・・・ | main | 発達障害の子供達への朗読に山口勝平さんが… >>