<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

交感神経の場所は・・・・

JUGEMテーマ:健康

今日は季節外れの低気温。自律神経が弱い人にとって、この低気圧は体に堪えるでしょう。

 

自律神経が良くない、という言葉はよく聞くと思いますが自律神経ってどこにあるのかを知っている人はあまりいません。

 

というか、自律神経ってなに?って思う人もいると思います。

 

ということで今日は自律神経の場所に関して軽く書きたいと思います。しかしながら、全部書いていてはきりがないのでここでは自律神経の中の交感神経の場所を記載していきます。

 

自律神経とは、交感神経と副交感神経を合わせてそう呼ばれます。交感神経は体の機能を亢進させる神経になります。

 

詳しい機能に関してはググってみてください(笑)

 

さて、交感神経の場所、でございますが、一番大きな幹が背骨の両脇を背骨に沿って走っておりその交感神経幹から枝が伸びてそれぞれの臓器に走行しています。

 

交感神経幹

上記は背骨を前(お腹側)から見た画像。ピンク色の物が交感神経幹です。

 

自律神経といわれると、目に見えない不思議なものと思ってしまいますが、このように、ちゃんと形があるものです。これは交感神経なので副交感神経はまた別の場所にあるのでまたの機会に。

 

位置的に言えば背骨の前にありますので、背骨の動きに関係してくるように思われます。医学的にそれが立証されているわけでもありませんが、背骨を意識して施術をしていると体の緊張が落ち着いてくるのを見てもそういう事なのだろうと思います。

 

交感神経の能力が落ちれば、相対的に副交感神経の働きが強くなる傾向があります。そうなると、自律神経失調でよくみられる、体が動かないや、頭痛が起きやすい、などなど副交感神経が過剰に働きすぎるときに出る症状が出やすくなります。

 

そういう方に対しては、能力が落ちた交感神経の働きを上げてあげる事を意識して、背骨周りの緊張感をとってあげて、背骨の可動性を良くすることで、症状改善していきます。

 

こうやって、どこに何があるのか把握していれば、解決策も見えてきますよね。

 

ということで、体の事に関して少しでも知識があると、対策方法のイメージが出来、自分の身に起きることに怖がらなくても良くなります。

 

【調布市国領で腰痛治療から自律神経ケアは三華堂はりきゅう整骨院】

2018.03.21 Wednesday 09:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 一流の人から学ぶべき物は… | main | 骨盤矯正ベルトって・・・ >>