<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

自律神経の乱れが増える八月後半から九月【調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂はりきゅう整骨院】【自律神経の治療】

JUGEMテーマ:健康

 

こんにちわ、九月に入りもう12日になりました。考えてみたら九月も中旬です。今年は八月に暑さが来ず、九月も涼しさが続いています。皆様お体を壊してはいないでしょうか。

 

さて、こういう状況が続くと似たような患者様が増えます。それは自律神経の症状です。

特に八月後半に自律神経の治療をしてほしいと何人かの方がいらっしゃいました。

皆様おっしゃっていることが同じで本当にびっくりしました。

 

みぞおちのあたりの痛み、のどの圧迫感、背中の違和感、肩の緊張感 

 

上記の症状を訴える人がとても多かったように感じます。自律神経の治療をしているとこういった訴えはよく聞きますので、八月が夏らしくなかった為に、自律神経失調になり上記のような症状を出したのかなと想像します。

 

では、なぜそのような状態になるのか。ここからはあくまで考察と持論になるのでそのように見ていただけると幸いです。

 

そもそも、夏は副交感神経がとても反応しやすい季節です。それは副交感神経優位になる事で抹消血管を広げ、熱の排出を促すためです。

そして副交感神経が反応するとリラックスしやすくなり体としては活動しない体へとシフトします。

 

ぱっと聞いた感じだといい事なのですが、実はこれがずっと続くとそれはそれであまりよくないのです。なんでもバランスというものが大切ですね。この副交感神経がただでさえ反応しやすい夏に、さらに輪をかけて自律神経の偏りを起こしやすい原因が発生します。

 

 

それが台風であったり、低気圧の通過です。

 

 

この夏の体の状態にこの影響が加わると自律神経の偏りをとても起こしやすくなります。

 

 では、自律神経の偏りってどういうもので、どうやって起きていくのでしょうか。

 

人間の体の正常なバイオリズムとして、早朝起きた直後は副交感神経が高いのですが、昼にかけて交感神経の動きが活発になります。そしてその結果として体を動かしやすくなっていくのですね。

 

続いて、夕方かから夜にかけて、次第に交感神経が弱まり、逆に副交感神経が高まってから体がリラックスして寝られるような状態に終息していきます。最後に就寝中は副交感神経が支配して体の機能が落ち着き、朝を迎えるというリズムを体は繰り返します。

 

そのバイオリズムが乱されることが、自律神経の偏り、につながります。

バイオリズムの乱れの原因の一つとして台風や夏の影響を先にあげました。

 

台風や低気圧と夏の影響が重なることで体はどうなるのでしょうか。

 

夏は血管が広がりやすい状況ができることは先にも述べましたが、低気圧が通過するタイミングでも血管拡張が起きやすくなります。その二つが重なることで、より副交感神経が反応しやすい状態が作られやすくなります。

 

副交感神経が反応しやすい状態に外部環境がなってしまうと、自律神経の調整機能が弱い人は朝の副交感神経優位がずっと続き、昼になっても交感神経の高まりが悪くなります。

 

そうして交感神経の働きが弱く、副交感神経の反応が強い状態が一日続いてしまうと、いつまでも朝の体のだるさの状態が続き、抹消血管の拡張が収まらずそこからくる頭痛、そして内臓のむくみからくる腹痛、肩の筋肉や腰の筋肉の活動が弱まり、こわばりが出てきます。

 

そのもろもろの体の状態が

 

みぞおちのあたりの痛み、のどの圧迫感、背中の違和感、肩の緊張感 

 

という形で体の表現されるわけなのだと、私は考察しています。

 

少し長くて申し訳ありませんでした。夏本番や、夏の終わりにかけて自律神経の治療を求める人が多くなるのはそういった理由からなのでしょう。自律神経って見えないものなので分かりにくいので軽く説明をしてみました。

こうならないためには、自律神経がいつでもスムーズに切り替わるようにしている必要があるということですね。

 

僕たち手技療法を行う人間は、体がそういった状態になるために施術を行います。

ちなみにどういった考えで自律神経の治療をしているのかはこちらを参考に頂けると幸いです。

 

 

ここからは夏の体の疲れが出やすい時期ですので皆さま注意いたしましょう

2017.09.12 Tuesday 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 腰痛にならないためにお尻が大切な理由...【調布市国領で腰痛治療から自律神経ケアは三華堂はりきゅう整骨院】 | main | 鍼灸や柔整等手技療法とエビデンスとの付き合い方 >>