<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

腰痛にならないためにお尻が大切な理由...【調布市国領で腰痛治療から自律神経ケアは三華堂はりきゅう整骨院】

JUGEMテーマ:健康

 

こんにちわ、毎日マメにブログを書こうと何度も思いましたが、どこかでくじけてしまいます(笑)

くじけぬ心が欲しい(知る人ぞ知る特性です(笑))

三華堂(さんかどう)はりきゅう整骨院は腰痛と自律神経を専門としています。最近ご相談が多いのが五十肩なのは秘密ですが.....
ということで、今日は昨日のブログの補足として、腰痛にはお尻が大切な理由を説明したいと思います。
さて、腰痛の患者様のお世話をすることが多かったので、そういった方には必ずお伝えしているのが、体を支える部位として大切な場所はどこなのか、ということをお伝えしています。
なぜその話が必要なのかというと、体を支える場所の能力が高くないと、腰に負担がかかってしまい腰痛になりやすくなるからですね。
腰痛の人の場合は、腰を支える場所のケアも併せてしていかないと、なかなか腰痛もいい方向に導くことができません。なのでそういった説明をして、腰痛という漠然とした症状を具体的に考えられるように情報を伝えています。そして腰痛の予防をするためには体を支える能力が必要だという事も説明しています。
では、体を支える場所というのは果たしてどこなのか、それは
お尻(骨盤の筋肉)です
昨日のブログでお伝えした、体の積載量を担っている所です。
お尻(骨盤)はたくさんの太い筋肉や、広い筋肉、大きな筋肉が付着している場所です。そのすべての筋肉が重要なのですが、例えば、その中の中殿筋という筋肉が弛緩すると、体を支えることができなくて、お尻(骨盤)を振って歩くような症状が出始めます。例えば、そこまでいかなくても中殿筋が少し能力が落ちただけで、おそらく骨盤を支える力が落ちることから姿勢が微妙に安定しなくなるでしょう。
そして、梨状筋という筋肉の間からは坐骨神経が足の方向に走っています。この梨状筋の状態により坐骨神経が圧迫されてしびれが出るということにつながるわけです。
と、例として中殿筋や梨状筋を上げましたが、お尻(骨盤)の筋肉はどれをとってもとても重要な姿勢を安定させるための筋肉として働いているわけです。
ということでお尻(骨盤)の筋肉の能力が何らかの要因で落ちると、体を支えられなくなり、体を支えるために腰周りの筋肉への負担が増えるのではないかと私は考えています。(ここは、私の持論になるので各各先生方の反論はなしにしてください(笑))
腰の筋肉の負担が増えて、腰の筋の許容量がオーバーすることで腰痛という症状が引き起こされるとなるのでは、と思います。
いかがでしょう、お尻(骨盤)の筋肉が体を支えていて、腰痛とは関係ないとは言えないと思います。お尻(骨盤)の筋肉をしっかりケアをして、体を支える力を安定させ腰痛予防につなげましょう★

 

 

2017.08.23 Wednesday 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 腰痛が再発するのは....【調布市国領で腰痛治療から自律神経ケアは三華堂はりきゅう整骨院】 | main | 自律神経の乱れが増える八月後半から九月【調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂はりきゅう整骨院】【自律神経の治療】 >>