<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

冷夏でまさかの腰痛に【調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂はりきゅう整骨院】

こんにちわ、久しぶりのブログ投稿です。

最近新しいポスターのデザインやらチラシの刷新やら、動画の製作の為時間と気力がありませんでした^^;


温石ボディケアをやろうと思っていまして、このようなポスターを作っていました。


作っていた当初すごく暑かったので、この暑いのに温まりに来るなんてあるのかって感じでしたが、ここのところ本当に寒くて、案外需要が出るかもしれないって思い始めました

さて、この低温の夏、皆様体調は崩していませんでしょうか?

実は夏って腰痛(ぎっくり腰)や、そのほかの痛み系の症状って減るのです。ていうか、僕の体感ですが(笑)

なので毎年夏は暇だったりしていました。

しかし、今年、この冷夏、腰痛、ぎっくり腰が起きている人が増えているようです。

そうですよね、寒くなれば筋肉も動かなくなるので腰痛(ぎっくり腰)や膝痛など抱えていれば当然そこの動きが悪くなるので無理に動かせば壊れやすくなるでしょう


さて、この夏に来ている腰痛(ぎっくり腰)患者さん達を見ていて夏の腰痛(ぎっくり腰)に関して個人的に分析したので一つ、書いておこうかと思いました。

早速、綴っていきます。
『冷夏の寒さの奇襲攻撃で腰痛(ぎっくり腰)を起こす』


夏って体が冷えやすく出来ています。それは夏の暑さを逃がすために血管が拡張して、熱を逃がしているからです。

これは事実です。

さて、そのような環境が出来上がっているときに突然外気が寒くなったらどうなるでしょうか。

冷えやすい体が出来ているわけですから、当然体に冷気が入りやすくなりますよね。


そうなると、冷気が体に入ることにより一気に筋肉が冷えてしまい、筋の動きが落ちて、引きつり感や腰痛(ぎっくり腰)などの症状が出やすくなるということなのだと思います。

腰痛(ぎっくり腰)には気をつけてくださいね^^;

これって、冬にはあまり起こり得ない事だと感じます。

そもそも冬は外気が冷たいので終始血管は収縮して、熱を外に出さないようにしています。

なので、外気が寒くなっても一気に体が冷えてしまうという事は、あまりないと言えます。

つまり体が一気に冷えて腰痛(ぎっくり腰)になるというプロセスは夏独特の腰痛と言えるでしょう。

体が思わぬ冷気の奇襲を受けて、壊れやすくなり、無理な動きをする事で壊れてしまうという事ですね。

いかがだったでしょうか、勝手に夏の腰痛を分析しました。

腰痛(ぎっくり腰)はなると痛みで動けず悲惨な状態になり、ひどいときはそのまま慢性腰痛になります。

そうなると腰痛と一生付き合う必要が出るので、ぎっくり腰や腰痛は早めに治療する事をお勧めします!

遅くなればなるほど、コストと治療期間は長くなりますから気をつけましょう

調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂はりきゅう整骨院】
2017.08.16 Wednesday 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 腰を壊すと・・・【調布市国領で腰痛治療から自律神経ケアは三華堂はりきゅう整骨院】 | main | 腰痛が再発するのは....【調布市国領で腰痛治療から自律神経ケアは三華堂はりきゅう整骨院】 >>