<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

腰を壊すと・・・【調布市国領で腰痛治療から自律神経ケアは三華堂はりきゅう整骨院】

JUGEMテーマ:健康

 

ついに夏っぽい季節になりました。

数日前からは湿度と温度が上がり、夜も寝苦しくなっています。こういう時期の体のケアは皆さん行っていますか?

 

湿度が増えるとどうしても体内の水分も多くなります。そのような体内環境が作られると、体の不具合も増えてきます。

 

さて、それでは梅雨から初夏にかけてどのような不具合が多くなるのでしょうか。

いろいろあるのですが、腰と膝の痛みもその中の一つです。

 

ぎっくり腰 や 膝の痛みは冬に増えそうな印象があります。もちろん冬、三月くらいに多くなります。しかし、梅雨から初夏にかけても増えてきます。それはまさに湿気の影響ですね。

 

それでは、ぎっくり腰になったらどうなるのか。なったことがない人にはわからない事です。

おそらく職場で『腰が少し痛いんだよね』『この間ぎっくり腰になってちょっと腰が痛い』などといった笑い話の会話を聞いたことがあると思います。

 

だから、なんとなく腰が痛くなる。という認識はあると思います。

 

だがしかし、本当のぎっくり腰は非常に激しい痛みを伴います。だから、会社で笑い話の延長上の症状と思われて、少し腰が痛い、の認識でいると、大変なことになります。

 

痛みの度合いは様々ですが、私が見てきたぎっくり腰の度合いですと・・・

 

MAX→一歩も動けず半年寝たきり

ややMAX→少し触れると体をのけぞらせていたがる、なので体を動かすことが不可能。

 

上の中→一歩も動けず一週間寝たきり

上の下→かろうじて寝返りが打てる

 

それ以下→寝返りは打てる、這って歩ける。

 

私の中でランク付けをすると上記のような状況です。

 

なので立って歩けているレベルであれば軽度といえると思います。

 

つまり、少し腰の違和感がある、をほおっておくと、最悪最上位のぎっくり腰の状態になる事もある、ということです。

 

何が大切か、というと常に体の声に耳を傾け、自分の許容量を理解する必要があるということです。

 

そのために体のケアを行い、客観的に体と向き合う時間を作ることは大切なことです。そうすることで、自分がつかれているのか、まだ大丈夫なのか、という事がわかり、最悪の状態を迎えなくてよくなると感じます。

 

自分でケアを行うのは基本ですが、定期的に施術を受ける時間を設けることで客観的に体と向き合う時間を作れます。体に不具合がある方はそういった時間を作るように検討してみてもいいかと思います☆

 

【調布市国領で腰痛治療から自律神経ケアは三華堂はりきゅう整骨院】

 

2017.07.04 Tuesday 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< お店の紹介、髪の毛の病院SUR(シュール)【調布市国領で腰痛治療から自律神経ケアは三華堂はりきゅう整骨院】 | main | 冷夏でまさかの腰痛に【調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂はりきゅう整骨院】 >>