<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

声優の神原大地さんと食事【腰痛治療は三華堂整体法鍼灸治療院】

先週土曜は友人で声優の神原大地君と食事をしてきました。


神原君とは割と古い知り合いで、今もたまに情報交換を兼ねて食事をしています

土曜は僕の予定もなかったので急遽時間を作って頂き食事をしました

と言っても何か難しい話をしたわけではなく近況報告というところでしょうか。

神原君は今放送しているアニメのオールアウトに諏訪役で出演中です


さて、声優という仕事をしている神原君ですが、声優になるのはとても難しいのです。
これはなった人にしか判りませんが、アニメに出れるようになるのはほんの一握り。

僕ら鍼灸師が出店をして生き残るのとはまた違う難しさがあります。

さて、その難しい世界の中でどうやってその道を実現していくのか、という話をしていました。

神原君の場合、ゴールを決めてからそのゴールに必要な要素を分析して、必要なものとそうでないものをわけ、そしていらないものを切り捨てる、という事をやった、、という事でした。

そして、必要な物を手に入れるためには努力を惜しまないという事ですね
このやり方は別に特殊なやり方ではなく、どの分野にも共通して言える事ではありますね。

あとはその分野に縁があり、そして運があれば道は開けるという事でしょう。

実際、声優業は努力だけでなれるものではなく、運の要素と、引きの要素がとても大きく必要になる仕事です。

なので、仮に神原君と同じ事をしたとしても、運と引きがなければ難しいでしょう。

しかし、運や引きがあっても、その運を引き寄せるための努力をしていなければやはりつかむ事も出来ません。



その努力の中に非常に大切な事として、切り捨てる事が有ります。

ここは僕も神原君も一致している事なのですが、意外とこの切り捨てるという事が出来ないん人が多い。


例えば、出店をするにあたってお金が必要だったとして、そのお金を貯めなければいけないのに、服が欲しい、パソコンが欲しい、楽しい事がしたい、という不必要な事をしてしまい、結果お金がたまらない、、

という事です。

試験をクリアする、ならば、勉強の時間を確保せずに遊んでしまう。

例えば声優ならば、養成所時代なら必要最低限のボイストレーニングを日々やるための時間を作らず遊びやバイトに時間を費やす。

演技の分析が面倒でアニメを見て演技考察をしない。

事務所時代ならば、マネージャーとのコミニケーションが苦手だからマネージャーと関係を作らない。

同僚声優や音響監督が来る飲み会に行くのが面倒だから行かない

という事でしょうか。

まあ、必要でない物を切って、必要な事をやるって事が出来ない人が沢山いるのはうなずけますし、そして、これも一つのスキルなんだろうな、というのが僕の結論でした(笑)

人と異なる道を歩む場合は必須スキルと言えるでしょう

【腰痛治療は三華堂整体法鍼灸治療院】
2016.11.22 Tuesday 12:15 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< シワって消えるらしい【腰痛治療は三華堂整体法鍼灸治療院】 | main | とりさるモンの治療院!第17話を公開 >>