<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

高知旅行5日目(市内でラーメン)

実家の高知に一週間程帰っていました。
今回は5日目の事を記します。
高知生活5日目は市内を散策しました。

高知は電車が走っていないのでディーゼル車になります。田舎だと大体そうなのでしょうか。

香美市土佐山田町から高知市内までは20分程になります。

汽車にのっていざ高知駅へ、そこから徒歩で帯屋町というアーケード街に出かけます。



市内で一番開けているのは高知市内の中心を通る帯屋町という長いアーケード街です。


しかし、実はここ10年程でしょうか、イオンという郊外施設が出来てすっかり帯屋町の力は低下してしまいました。

位置は高知駅の北側になるので帯屋町とは反対側です。
イオンがない時は山の麓です



再開テナント探しに血眼になっているせいで高知に来てからもテナントばかり見てしまいます(笑)

帯屋町もすっかり人がいなくなったためか空きテナントが目立つようになりました。

東京なら一等地なんですけどね(笑)

まあしかし、今回はその帯屋町にあるラーメ屋蔵木(くらき)さんに行ってきました



ここのラーメンは魚介系の出汁であっさりとしたスープに、つけ麺が押しのようです。

でも僕は醤油ラーメンが好きなのでここは醤油ラーメンのチャーシュー多めにしました。



チャーシューがとにかく美味しかったです。

座木さんはレビューも高く高知でも人気店のようです。

実際食べても美味しいですし、味が丁寧に作られていました。高知という土地柄大雑把に仕上げてるかと思いましたがとても繊細なラーメンに感じました。

お勧めします。ぜひ高知に来た時は立ち寄ってみてください。

帯屋町は今はすっかり店も減って寂しくなりましたが、変わったディスプレイの店もありました



長宗我部、高知の有名な武将の名前です。

鎧が飾っています。
長宗我部って赤い鎧なんですかね。
ちなみ高知の長宗我部はとにかく戦が強かったらしいです。というのも、当時は農民が戦の時に兵士として出て行く事が多かったのですが、長宗我部の兵士は生粋の兵隊だったのです。

つまり平時の時も戦いの訓練をしていた人達です。高知は農民の兵隊を完全に分けて戦争していたようです。

生粋の戦闘集団だったわけです、


それは強いですよね。でも、数は少なかったのかもしれません。しかし強さは本物で破竹の勢いで四国を統一したようです。

さて、帯屋町には中央公園という公園がありまして、よくここでイベントをやっています。

私たちが行った時もイベントをやっていました。
そして中央公園の前ではなにやら動物達がいました



看板を見ると、ここで出し物をしないでくださいと書いています。

完全に権力に喧嘩売っています
(笑)

という事で、後はお土産を買って帰りました。


綺麗な夕焼けでした


【腰痛治療は三華堂整体法鍼灸治療院】
2016.11.04 Friday 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 高知4日目後半(龍河洞とアンパンマン) | main | 高知6日目(海洋堂博物館と桂浜) >>