<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

ストレッチの薦め 体が柔らかくても痛みがあるのは

JUGEMテーマ:健康
 
体が柔らかくなればおそらく腰の痛みや肩の凝り感もなくなると思います。

しかし体が柔らかい人でも腰や肩が痛い人はいます。
それはどういうことでしょうか?

ストレッチを自分でしている場合、筋肉は伸びます。関節も柔らかくなります。これは間違いありません。そしてその結果、体の内圧は下がり、痛みがある場合は軽減するでしょう。

しかし、伸びる筋肉は健康な筋肉で、悪い場所の筋肉は伸びにくい傾向にあります。

例えば、腰痛で腰のストレッチをした場合、腰の下の方が痛かった時、腰の上やお尻の筋肉がストレッチされ肝心の筋肉は伸びない事があるのです。

悪い場所の筋肉は周りの良い場所と比べると固まっている事を考えれば、当然、伸びやすい場所が優先的に伸びるのは想像しやすいですよね!

体が柔らかくても痛みがある人の場合は、やはり、悪い場所の筋肉や関節が伸びていない可能性があると考えられます。

では、どうすればいいのでしょうか?ではまた
ぎっくり腰 腱鞘炎 体の治療は三華堂
2012.01.06 Friday 09:09 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< あけましておめでとうございます! | main | 東洋思想知識 宗気 ってなにか >>