<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

補完医療で出来ること その目的◆‖里涼亟砲目的

 前回お伝えした、民間医療家の治療の目的に関してです。


私は、自然治癒力を高めるための目的としては、体の弛緩 が結局目的になると思っています。

体の不具合があると必ず体が緊張状態になります。体に力が入らないと言う感じも、力が入らないから弛緩しているわけではなく、体の機能が落ちているために虚脱感があると思います。

結局、体が緊張しているから機能が落ちていることがほとんどだと思います。

弛緩って簡単じゃない?と思いますが、弛緩を他動的にさせるのはとても難しいことだと痛感しています。

私たち民間医療家の目的は、いろいろなやり方を皆さんしますが、一重に体の弛緩を目的としていると常々感じています。うまく弛緩させることが出来れば、おそらく大半の異常感は日数の差はあれど消えるでしょう。

JUGEMテーマ:健康

三華堂
2011.12.12 Monday 14:33 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 天空の城ラピュタ | main | 補完医療で出来ること その目的 弛緩が治癒力の要 >>