<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

体重が増えすぎると70歳を超えて起こりうる痛みって・・・・

JUGEMテーマ:健康

 

こんにちわ、最近ブログの投稿が滞っていました。

ゴールデンウィーク、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

三華堂は平常運転ですので、もしご利用の方は気軽にお電話ください。

 

鍼灸整骨院を営業していますと、幅広い年齢の方と接することになります。特に年上世代の方とお話しする機会があります。

年が上の方が抱える体の悩みも様々ですが、私が見ていた中で痛み系で大変そうで、そして治りにくい症状といえば、

 

 

そして

 

股関節

 

です。

 

若い世代の人からするとなじみもなく他人事の痛みだと思います。

 

でも、他人事ではありません。そのことをブログに書いてみたいと思いました。

 

 

さて、こういった股関節や膝関節の痛みを引き起こしている人の話を聞くと、大体が体重の問題を抱えています。

 

体重が股関節と膝関節を変形させてしまって痛みを引き起こします。

 

そして、若い人、といっても40代くらいの人ですが、体重が少しありすぎる人とお話をした時に、少し体重を減らした方がいい事を本当に軽くですが伝えます。

 

理由は膝と股関節を壊す可能性が将来高くなるからですね。

 

でも、若い世代の人は70歳になった自分を想像することが難しいからだとは思うのですが、恐らくあまり心に届いていません。

 

そして、さらに若い世代の人たちとお話していて年が上になって出てくる痛みや病気の事を伝えたとしても、そんな長く生きなくてもぽっくり死ねたらそれでいいと思う、という反応をします。

 

こういった、いろいろな世代の方々を俯瞰してみている立場だと様々見えてくるものがあります。

 

ー磴た佑燭舛麓分たちが年をとった時の事がいまいち想像できない。自分事とは思っていない。

 

体の健康を気にしていない人は、70歳くらいまでにはぽっくり死ねると思っている。

 

G上になって実際体を壊すと、今までは聞き逃していた健康食品(サメの軟骨とかいろいろ)の情報を気にし始める。

 

て辰妨坿慇瓩魏した場合、夜も寝れない苦しみをずっと味わう事になる。

 

こういう所でしょうか。

 

若い時は自分の70になった姿を想像することは難しいのですが、年が上の方々を見ていると、たいていの人はなんだかんだ70歳くらいまで生きる事になるのではないかと感じます。

 

そして、70歳を超えた後、そう都合よくぽっくり死ねる人は案外少ない。

 

70歳以降からは、若い時に体を管理していたかどうかで生活の質が変わってくるように思います。

 

特に体重管理が出来ていない人だと膝に痛みを抱える事が出てくる。

さらにひどい人だと、股関節に痛みを抱えるようになる。

 

膝の痛みはなんとなくわかると思うのですが、股関節の痛みってよくわからないですよね。

でも股関節変形の痛みはじわじわと精神を疲れさせます。

 

どういったところが大変かというと、

〆造辰討討發い燭

 

⇔って歩いてもいたい

 

寝ててもいたい

 

つ砲いら眠れない。

 

ヌ欧譴覆いら夜トイレに起きる

 

Ε肇ぅ譴傍きるけど歩くと痛い。

 

変形している側で寝ると痛いので寝返りが打てない。

 

とにかく痛いだらけ

 

激しく痛むわけではないのですが、とにかく何をしていても何かしら痛みが出るようです。

しかも変形してしまうと、変形自体は治りません。オペをしない限りは。

 

こういったお話を聞いていると、やはり体重管理って大切だなと僕は感じるわけです。

 

でも、なかなかこういった危機感は伝わらない。

 

どこかに自分ごとではないと思っているからだとは思います。

 

 

しかしながら、今一度、自分が70歳になった時の事を考えてみてください。

きっと、健康とか体重とかどうでもいいと思っている人も70歳くらいまでは生きると思います。

 

そうなった時、膝と股関節が変形してびっこを引きながら歩くことになっているかどうかは、今、ご自身が抱えている体重によって変わってくる可能性がある。これは他人事ではありません。

 

体を壊してからサメの軟骨に興味を持つようになっても、その時はすでに遅い。ご自身も苦しいし、家族の負担も増えます。

 

と言う事で、皆様、若い時からしっかり体重管理と健康管理をして、来るべき70歳に備えましょう。

 

【調布市国領で腰痛治療から自律神経ケアは三華堂はりきゅう整骨院】

2018.05.04 Friday 10:54 | comments(0) | trackbacks(0) | 

膝の痛みの最新治療法は…

昨日に引き続き最新治療法について紹介します。

凄腕の専門外来で放送されていた最新の膝の痛みの治療法です。

膝の痛みって地味に辛い、完全に動けないわけではないですけど、ひどくなると杖なしでは行動出来なくなる病気です。

動けるので本人としては割と治療が後回しになるのですが、実は治すのにかなり時間がかかることもよくありますし、治らないこともよくあります。

膝は常に動いている場所で、不可がすごくかかる場所なので、治りにくいのです。

変形していたりすると治すのは難しくなります。

さて、そんな膝の痛みに対して、簡単ですぐに結果が出る治療法が紹介されていました





重度の膝の痛みが注射一本で治るそうです^_^




夢の治療法ですよね



この夢の治療法を出来お医者さんはこちら、順天堂大学の先生




齋田良和先生です


なでしこJAPANのチームドクターをしていた整形外科の先生です。

急性症状のスペシャリストですね??

今回の患者さんはこちら






杖なしでは歩けない、膝がかくかくなる、痛みがひどい、かなり重度の膝の痛みを持っている方です

齋田先生は基本的に様々な治療法を試してそれでも改善しない方を治療しているようで、誰でも受けてくれるわけではなさそうです





患者さんのレントゲンを見ると





膝の軟骨がすり減っている状態です

さてこの症状、簡単に説明するとこういうことです







関節の表面を覆っている軟骨がなくなって骨が直接ぶつかることで痛みが出ています。これがひどくなると変形してくる変形性膝関節症に発展します。

改めて患者さんの膝のレントゲンはこちら



膝の軟骨がなくなっています。

さて、それではどんな治療を行うのでしょうか。

こちらが治療法になります


まずは採血



そしてそれを遠心分離機へ



数分後に取り出す



すると、採血した血液の成分が分離しています。


その分離した黄色い液体を膝に打ち込みます
この液体が治療のキモになるようです。
さて、これはなんでしょうか。


PRPという成分らしいです。

もう少し詳しく解説してくれています



多血小板血漿


血小板は体を治してくれる成分の一つ



その成分がたくさん はいっているのがこの黄色い液体





PRPを注射すると、すり減った軟骨が再生するという夢の治療法です。

これはすごいですよ。ないものが再生するわけですから

注射した後は圧迫してしばらくおきます




数分後、驚きの結果が!




さくら?っていうくらいの効果(笑)

先生は結構冷静です(笑)


まあ、やっぱり時間は多少かかりますよね



患者さんは杖を使わなくても大丈夫なようです



という事でこの患者さんに関してはここまでの紹介でした。

さて、この治療法で靭帯損傷した方のレントゲンがこちら







靭帯が再生しています。
他の患者さんでも軟骨が再生しています



サッカー選手の膝の治療





その方の膝の状態がこちら



これが治療前





これが治療後、半年経過






軟骨が再生しています。

すごいですね。この治療法はまだ研究中らしいです


いいのは自分の成分なので、副作用がほぼないということ





齋田先生はこの科で治療を行っています



一回の金額は3万から6万ほど。安いです。多くて10回で膝が治るなら60万で済みます


60万で膝が買えるなら、絶対買いですよ(笑)



さて、この治療法、まだエビデンスが確立されていないのでまだ日陰の治療法のようです。



しかしながら他の先生も注目している治療法



そして、僕も気になったのですが、他の治療にも使えるのではないかということ

まだよくわからないようですけど、研究中のようです。

さて、これはどこでも受けられるのかというとそうではないようです

全国でも数カ所でしか受けられないようです



以上が膝の痛みに対しての最新治療法でした。

正直、これがあればなんでも治るのではないか、と思ってしまいます。

悔しいですが、鍼ではできない事ですね。

まあでも、このように具体的に壊れてしまっている膝の痛みばかりではないので、その分野に関しては僕らでもまだまだ活躍出来るとは思います^_^

医者、鍼灸師それぞれできる事できない事はあるので、できる事をしっかり伸ばして頑張っていきたいと思います
今回の情報が皆様の参考になれば幸いです

【調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂はりきゅう整骨院】
2018.04.12 Thursday 10:47 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |