<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

とりさるモンの治療院!五十肩のケアに使えるツボの紹介動画

JUGEMテーマ:日記・一般

JUGEMテーマ:健康

こんにちわ、少し忙しくしていてブログが書けていませんでした。

 

今日はタイトルにあるように五十肩のケアに使えるツボの紹介です。

 

というか、実は『とりさるモンの治療院!』で最近五十肩を取り上げる動画を作っていました。

その動画の紹介ブログです(笑)

第十話では五十肩の痛みが起きる理由と解説をしています。

そして第十一話ではケアに使えるツボの紹介をしています。

【第2期 第十話 五十肩の治療は、もん!】WEBアニメ とりさるモンの治療院!

【第2期 五十肩のケアに使えるツボの紹介もん☆】WEBアニメ とりさるモンの治療院!(東洋医学鍼灸WEBアニメ)

 

詳しい事はアニメ動画の中で解説しているのですが、五十肩は肩甲骨の動きが制限されて発生している人が多いように感じます。

肩の痛いところはもちろん大切ですが、肩甲骨の動きの悪さを意識して施術しないとなかなか好転してきません。

 

肩甲骨の周りにはたくさんのツボがあり、そのツボを刺激することで肩甲骨の動きを良くすることが出来ます。

とは言え、あまりにも沢山あり、難しいツボもあるので第十一話ではピックアップして五つのツボを紹介しています。

 

よろしければご覧になって参考にしてください。

 

ただ、自己ケアには限界があるのであくまで治療は専門家に任せて、それをサポートする形でこの動画を参考にして頂ければと思います!。

 

みなさま肩甲骨を健康にして、五十肩から卒業しましょう(笑)

 

【調布市国領で腰痛治療から自律神経ケアは三華堂はりきゅう整骨院】

 

2018.04.24 Tuesday 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) | 

肩の痛みの原因になる肩の石灰化

先日スゴ腕の専門外来という番組で様々な病気のスペシャリストの先生が紹介されていました。


その中で幾つか気になったものがあったのでブログで書きたいと思います。

石灰化沈着性肩板炎。

皆様ご存知でしょうか?施術をしている僕らみたいな業種の人は割と知っていると思いますが、普通の人には馴染みがない病気ですね



文字通り、肩の一部が石灰化する病気で、とにかく痛いのが特徴です(笑)








このように、肩の肩板と言われる筋肉の血流の状態が悪くなってカルシウムがたまってしまい、それが固まって石灰化するわけです。


そして、その石灰化した塊が周りにぶつかったり、動きが悪くなったりすることで痛みがでてくるわけですね。

ほっとくと、悪化してきます。これは五十肩でも腰痛でも同じことが言えますので要注意ですね。

そして、石灰化沈着性肩板炎に対して有効な治療というのがこちら




衝撃波!

ドラクエの某キャラが使う技の名前(笑)

衝撃波で石灰化した部分を砕いて治療するという技術です







最新治療と言われてますが、確か胆石とかでも衝撃波は使われてると思うので、目新しさはない気はします。

ですが、効果はかなりたかそうです。

治療時間は20分ほど




わずかな治療で痛みがかなり引いたようです。

これはすごいですよね、鍼でも時間をかけて治療すれば治るとは思いますが、こんなにすぐには効果は出ません。

多分週一で2ヶ月は必要かと思います。

この治療法の場合は1ヶ月に一回のようです。

そして一月後の結果がこれ






痛みはほぼ取れているようです。
レントゲン上でも塊はかなり小さくなっていますね







石灰化沈着性肩板炎は五十肩とにているので間違われることも多いようです。

その見分け方がこちら






以上がテレビの内容でした。

この治療法を見ての感想ですが、すごいですね(笑)こんなに効果が高いのならば、石灰化沈着性肩板炎はこの方法一択だと感じました。

鍼灸よりもコストと時間がかからない。
鍼灸のがいいですよと言いたいですが、ここまで即効性と効果を見せられたら何も言えません(笑)

僕としては患者さんが良い状態になればそれでいいという思いがありますので今回紹介いたしました。

一つの参考になればと思います

【調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂はりきゅう整骨院】
2018.04.11 Wednesday 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) | 

肩の痛みに毎日お灸

さて今週も終わりました。
来週からまた頑張ります。

と言うことで、最近肩が痛い人が多いのですが、自己ケアをするように勧めています。

これはどの症状の人にも勧めているのですが、お灸です。

特に肩の痛み(五十肩)は結構しつこく長引きます。なので自己ケアは大切です。

 

今日も肩のご相談を頂いた患者様にお灸を渡しておきました。毎日お灸でケアしていただきます!

早く良くなれば患者様にも特ですしこちらも安心します。

 

痛みがとれるなら何でもやるべきです。

JUGEMテーマ:健康

2017.04.15 Saturday 21:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 

腕を上げたら肩が痛い(五十肩)

JUGEMテーマ:健康

こんにちわ、店舗の開業をしてからひと月と少しが過ぎました。

いろいろありすぎて、開業って改めて大変だなと感じます。

 

ということで出張施術中は腰痛ばかり見ていましたが、最近相談が多いのが、肩の痛み(五十肩)。出張施術中には五十肩の治療もやりました。

腕を前にあげると腕の前が痛い、腕の後ろが痛むという五十肩の症状の人が相談にいらっしゃることが多いです。

 

うちは看板に腰痛、自律神経、という風に出しているのですが、肩の相談にいらっしゃいます。

鍼灸や整骨ってどんな症状でも見るのが基本なので肩が来ても問題はありません。

 

というか、腰痛、自律神経を打ち出していますが、とりあえず今までたくさんやった分野を書いて

わかりやすく看板で見せているだけなので、膝がきても肩が来ても、そのほかどんな症状が来ても基本的には

やることが変わるわけではないので問題がないのです。

 

ということで、最近肩の痛みに関して相談を受ける事が多い今日この頃。大体は五十肩の症状ですが、

中にはそうでないのも混じっています。

 

腱板の何かしらの不具合、これの場合だと、腕を上げたら肩が痛む、というのとはちょっと症状の出方が違うように思います。

五十肩は肩関節周囲炎なので腱板の不具合もこれに含まれるといえば含まれるのかもしれませんが。

 

なので、その部分をもう少し素早く切り分けしていかないといけないなと感じる今日この頃。これだけ肩ばかり来ていればなれちゃいそうですけどね。

2017.04.14 Friday 17:16 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |