三華堂はりきゅう整骨院/整体院のブログ

自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂鍼灸整骨院のブログです。

自分での簡単な体の問題への対処方法など医療のことから私の気になったことの紹介まで幅広く情報を発信する窓口にしたいと考えています。

http://sankado.com/
腰痛には太ももを鍛える
0

    朝はやはり寒いですね。
    最近息は白くならないなと思っていましたが、早朝は息が白くなります。



    腰痛対策にはふくろはぎをきたえることを勧めましたが、ふくろはぎだけではなく、太ももも鍛えると腰痛にならない腰を作ることが出来ます


    太ももはとても大きな筋肉がついています。この筋肉が衰えると体を支える能力は一気に落ちます。


    体を支えることが出来ないと腰の筋肉を余分に使わないといけなくなりますので、何かの作業をすると途端に疲労に耐えられずに腰に違和感を感じることになります。

    その違和感をそのままにしておくとやがて腰が痛いと言う症状が出るようになります

    さて、太ももを、鍛えるにはどうすればいいのか。

    それは、軽いスクワットをすることで太ももを鍛えることが出来ます。

    気をつけなければいけないのは深いスクワットではなく、浅いスクワットを行うことです。深いスクワットは膝と腰を逆に痛めますので気をつけてください。



    今日は太ももを鍛えることで腰痛を起こさないようにする事をお伝えしました。
    腰痛にはとにかく足回りを鍛える事に専念しましょう

    腰痛治療は三華堂


    トレーニング、ダイエット | 07:45 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    幼児教育とうんてい
    0

      池江璃花子さんという水泳の選手が居ます。この方は中学の水泳日本選手権で快挙を成し遂げ話題になりました。



      そして同時に注目されたのがその教育でした


      池江さんのお母様は育児教育のプロでスクールも開講しています

      そして、七田式という教育の元育てたということです

      以下そのアカデミーです。
      http://www.shichida.ne.jp/taiken/sonogo/o_006.html


      紹介されていたのは小さな時からうんていをさせていた事でした。その年齢ゼロ歳。



      そんな歳からぶら下がる事が出来るのか?
      子供は把握するための反射機能があります。なので出来ない話してはないのかもしれません



      その話を聞いていて、治療者目線で感じたのが、握力をつけるとこと手を上に上げる動作が頭に関連しているのかもしれないと感じました。



      これが事実なら別に幼児教育に限定した話ではなく、大人の頭へも応用出来そうですよね

      体の仕組みとして、整理しておきたいのが、血液や体液が中枢から心臓や重力に従って押し出され末端に行きます。


      そして、心臓の機能と筋肉の収縮により体の中心に戻って来ます。その行き来の際に必要な機関に血液や体液が栄養を運び、不要な物を引き取ってくるのです


      ここで気をつけたいのが、末梢に押し出された液体は戻る時には重力に逆らって戻らないといけません。

      なので筋肉が少なかったり衰えていたり疲れていたりすると末梢の手足や皮膚、頭部に体液や血液が残りやすくなります。

      だから夕方に足がむくんだり寝て起きたら顔がむくんでいたりするわけですね


      この機能を把握した上で、うんていの効果を見ると、握力を使うことと、腕を上げている事で手にある血液を心臓に戻しやすくしています

      手にある血液の量は結構多いので、その血液が心臓に戻されると、心臓から血液は押し出され、それが当然頭の血液を刺激し、血液の押し出し効果もあり頭に影響するのではないかと思います



      すると、脳細胞への循環が確保されて頭の回転能力につながるのではないかと想像します。



      疲れた人は睡眠時に腕を上げて寝ている話も聞きます。この事はもしかすると疲れた体に血液を回すために自然と体が動いているのかもしれません。


      さて、あくまで自論になりますが、手の筋肉を刺激する事で頭へのいい影響が出そうだと分析できます。


      目に効くツボも手にある事もこの辺りと何か関係しているのかもしれません。


      みなさんも頭回りの血液、顔まわりの血液を回すために握力をつける運動をしてみてはいかがでしょう?

      腰痛治療は三華堂

      トレーニング、ダイエット | 11:54 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      スクワットで足回りのむくみ解消
      0

        ダイエットのためにトレーニングをして脂肪を燃焼させる




        これはよくある発想ですよね
        ですが、太って見える人というのはもちろん脂肪により太ってるわけなのですが、それ以外にも浮腫みによって体の締まりがないように見えている事もあります。

        なので浮腫みを取るために運動をすることにより、多少締まった体のように見せる事も可能です


        そのような発想を持つことで過剰なダイエットのトレーニングをするという発想から抜け出る事が出来ますよね



        浮腫みを取るためには毎日少しの運動をコツコツ続ける必要があります。

        その方法として、軽いスクワットをする事をお勧めいたします



        それは、下半身の筋肉を動かす事で足元に溜まった水分を上半身に戻し、そして腎臓から膀胱へと水分を出す事を狙っています


        そもそ下半身の筋肉は血液を回したり水分を回すためにとても重要な役割をしています。



        なので下半身の筋肉を動かす習慣がない人は、水分が重力に負けて下半身にたまり、浮腫みが出来て、締まりがないように見えるというわけです


        太って見える人、太っているひとは総じて運動をする習慣がない人が多いです。


        そうなるともちろん下半身を動かす事もすくなくなりますから脂肪があるところに水分もたまりやすくなりますます締まりのない体に見えるというわけです

        そこで軽いスクワットをする事により筋肉を動かすことになります。筋肉を動かす事で足元に溜まった水分は重力に逆らって組み上げられる事になり浮腫みがとれやすくなります




        ここで大切なのは、あくまで軽いスクワットを毎日コツコツ行う、と言う事です。

        スクワットの動きは膝に負担をかける動きになります。なので頑張って深く下げるスクワットをしても膝を壊す事になり、長い間続ける事が出来ません。

        浮腫みを取る運動は毎日コツコツ行う事が大切になりますので、できる範囲の運動を長期に渡って行うという意味合いで、軽いスクワットを行います。


        一日30回くらいの回数で毎日行い、慣れてきたら回数を増やして100回くらいを目指して試してみましょう


        三ヶ月もすればやらない時に比べ浮腫みにくい状態になっていると想像します


        まずは行動する、これが何をするにしても大切になります

        腰痛治療は三華堂

        トレーニング、ダイエット | 11:53 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        二の腕、お腹、背中のトレーニング
        0

          今朝、スッキリで二の腕、お腹、背中のトレーニングを紹介していました。


          毎日テレビをよく見ていますが、健康情報を常に発信しているメデイア。


          それだけみなさんが注目しているということなのでしょう。


          さて、今日紹介していたトレーニングは一日三分、毎日続けてトレーニングをすると、気になる二の腕、お腹、背中の脂肪を落とせる内容でした。




          二の腕は上腕三頭筋を意識したトレーニング

          お腹は腹斜筋を意識したトレーニング

          背中は脊柱起立筋を意識したトレーニングでした


          確かに、一番みなさまがダイエットで肉を落としたいところ、だと思います


          さてこのトレーニングはとても単純でよくやられている方法です。特別なことではないと思われます。

          今更感があるやり方ですが、未だに紹介されるやり方です。

          そう、トレーニングは別に特別な事をする必要があるわけではないと言うことです。


          単純な動きを毎日繰り返す、その継続が大事なのですね


          逆に、トレーニングにおいて特別なやり方というのは体を特殊な使い方をしない限りは必要が無いと感じます。

          素敵なプロポーションを持っている人を見ると何か特別な事をやっいてるのかと思われがちですが、大体が蓋を開ければ単純な事を毎日繰り返している、というのが現実です

          その結果だけを見ると、その人しか知らない何かをやっている、と思ってしまうのが人間なのかもしれませんが


          さて、今日テレビで紹介していたトレーニングでも、ただの腹筋背筋でもいいでしょう、それを一日決まった時間行いそれを数年続けてみる、そうする事により数年後には気がつけばその努力に見合った体が手に入っているはずです



          腰痛治療は三華堂
          トレーニング、ダイエット | 11:57 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          • 1/1PAGES