<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

癌治療に光!光免疫療法の実用化はあの年に

こんにちは、今日もおやすみです!

そういえばしばらく前にゴールデンタイムで紹介されていた、光免疫療法に関して書きます。


光免疫療法は僕もブログでたまにとりあげている治療法。最先端癌治療の一つです。


平たくいえば、癌に光を当てて癌細胞だけを破壊、その破壊された癌細胞の破片に自分の免疫が反応しやすくなるので、転移した癌細胞やら、小さな癌細胞全てが免疫細胞に食べられてしまい、結果として、体から駆逐される技術です。

癌治療法のブレイクスルーと言われていて、全く考え方が違う技術帯になる代物です!

ほぼ全ての癌に使えて、副作用がない上に効果が早い。

すごくないですか?

という事でその治療法の近況に関して書いていきましょう


とりあえず、現在治験が進んでいるようで効果はかなり上がっている様子です。


この治療法、日本人が開発したのに日本政府に許可されず、北米で研究が続けられていました。本当日本政府ってアホなの?と言いたい事実。

しかし、この度千葉の病院で治験が開始されたらしいです



その病院の先生もこうおっしゃっています



さて、技術として特筆すべきなのはこれ


これ嘘みたいな話ですが、本当です。

癌細胞だけにくっつく特殊なタンパク質のマーカーをつけるので癌細胞だけ壊れるんですね







赤外線を当てる事でそのマーカーがくっついた細胞が爆発(笑)するわけです




わかりやすく写真で説明すると、 癌細胞だけにくっつく薬剤を注射



体に入った薬剤は体を巡って


癌細胞だけに付着します



そこに赤外線を照射すると



癌細胞が爆発(笑)



テレビではここまでしか説明されていませんでしたが、この治療法のすごいのはここからです。

この後、破裂した癌細胞は初めて体に異物として認識されるようになります。

破裂するまでは免疫細胞が反応しにくいみたいですね。

そして、異物として認識された癌細胞は免疫細胞全部にタコ殴りにされて消滅するらしいです。

だから光免疫療法という名前なのですね。

この治療法、オバマ大統領も議会で名前を出したほどの期待を寄せられています。

この治療法を開発した人が


小林久隆さん。



アメリカで2011年に光免疫療法を開発



その技術にアメリカ人もびっくり




誘導ミサイルみたいだといわれています。まさに、軍事的にいえば敵地をピンポイントに直接攻撃できる巡航ミサイルですよこれは(笑)
今までは爆弾と焼夷弾で地上もろとも焼き払っていたのが、これからは巡航ミサイルで対象だけ駆逐出来る。これはいいですよ。



さてさて、それだけ将来性があるガン治療法が実用化されるのはいつなのか。

それは、2020年!



思ったよりも近いです。

この技術が全ての病院で使われるようになればいいなと思います。

光免疫療法はブレイクスルーになると言われてるわけですが、ブレイクスルーとはなんぞや、という話です。

ブレイクスルーとは、既存の技術や考え方、方法を飛び越えた物ということです。

光免疫療法は今までのガン治療法の考え方や方法とは全く違う新しい角度から開発された技術ということです。

しかも効果もあるわけですから、もうワクワクするしかないですよね。

お金が全くかからないから製薬会社や医療界からしてみれば打撃になるでしょう。

そういう背景もありますので、変な圧力で潰されないように大切に育てて欲しい技術です。

皆様、この技術を見守りましょう!

【調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂はりきゅう整骨院】
2018.03.12 Monday 12:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 

光免疫療法 ガン治療の新たな局面

あけましておめでとうございます。
とりさるモンの世話に追われてブログがすっかり放置になっていました。

という事で、新年の挨拶と共に書きたい事が出てきたので書いています。

さて、その書きたい事とは、ガン治療に関してです。


そのガン治療の名前とは、光免疫療法という、最新のガン治療に関してです。

ガン治療というと、免疫抑制をきて抗がん剤を打ち込み、放射線療法をする、そしてオペで癌細胞をとる、という流れが主流です。


すごく大変な治療法で、正直他にやり方ないの?って思います。

正常な免疫を壊すわけですからそりゃ大変ですよね。

多分この光免疫療法を考えた人も同じ事を考えたのか、全く違う角度から癌細胞を破壊する治療法を考えられたようです。

この方法があれば本当に楽にガン治療を行え、そして副作用が今の所確認されていないという事です。

しかも費用がアホみたいに安い。

とにかく夢のような治療法です。


さて、問題の治療のメカニズムなのですが、近赤外線を癌細胞に照射すると癌細胞が近赤外線によって膨張して、破壊されるというものです。
赤外線で癌細胞を殺す、そしてここからがまた斬新なのですが、その破壊された細胞はバラバラになる事で近くにいるキラーT細胞によって敵と感知されるようになります

そもそも癌細胞は自分の細胞なのでなかなか免疫に感知されません。だから大きくなっちゃうんですね。

しかし、破壊されるとその免疫が感知して、癌細胞をさらに破壊しに行くと言うのです。

その上、そこの癌細胞だけではなく、体に散らばっている癌細胞も敵と認識して癌細胞を駆逐していくそうです。

ようは2度美味しい治療です。


この赤外線、ただ当てただけではダメなようで、癌細胞にある抗体と対になる物質フタロシアニン(IR700)が光エネルギーを吸収する事で発熱、その熱により癌細胞が破壊される、という仕組みです。

だから、赤外線を当てる前に、ガン細胞の増殖を果たしている上皮細胞増殖因子受容体にくっつく、抗体とフタロシアニンが結合した薬を投与して癌細胞にくっつけておく必要があります。

その上で、その細胞に近赤外線を当てると癌細胞が破壊、そして、破壊されたガン細胞から体内の免疫システムが癌細胞を敵と認識して、体中の癌細胞を駆逐する、という流れになります。


赤外線を当てる方法としては、光ファイバーと注射器を使って体にさせば刺したところに赤外線を照射出来る、つまり体のどこでも赤外線を当てることが出来るという事です。

今の所想定しているガンは、存在するガンの八割程度には効くのではないか、と言われているようです。

これ、すごくないですか?針をさして赤外線を当てるというところは何か鍼灸とにているところがありますね(笑)

用意するのは赤外線照射器と抗体と結合したフタロシアニンの薬。だからコストがほぼかからないようです。

そして、一度照射すれば効果があるのであとは定期的に治療するだけという、体への負担も少ないです。

いや、本当にすごい治療法です。
これを考えたのは米国国立ガン研究所の小林さんという方のようです。

日本人がアメリカで作った技術。

これ、実は日本でやろうとしても認可されなかったからアメリカに持って行ったらしいです。

おそらくですが、この治療法が確立するとお金にならなくなるから医師会やら製薬会社の圧力がかかったのではないか、と、邪推してみました。

どちらにしても、厚生省はアホとしか言いようがないです。アメリカで試験をして日本に持ってくるまでにあと10年かかるらしい。

日本で開発研究をしていればもっと早く導入出来たかもしれない。

本当に頭が悪いとしか言えません。

今市川海老蔵さんの奥さん、小林麻央さんもガンで苦しんでいますね。この方法、治験に立候補して試してみればいいのではないか、と感じました。

今は藁にでもすがりたいと思いますのでツテをたどって小林医師のところに相談に行ってみればと感じました。

まあただ、骨への転移があるようですから骨は厳しいかもしれませんね。

でも、免疫がガンを感知すれば骨の中も効くのではないか、と感じました。

今ガンを患っている方、知っておくといい治療です

【腰痛治療は三華堂整体法鍼灸治療院】
2017.01.05 Thursday 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 

ガン検診って

ガンでの死亡率が高くなっている日本、ガンにかかるととてもしんどくて、大変だというイメージが多いのは私だけではないと思います。


そこでガン検診を早期に受けてガンに早くに気づき治療を開始しましょう、と言う理念のもとにガン検診を大々的に医療機関は宣伝しています。



最近では情報番組でもガン検診を皆さん受けてください、と言う情報を発信していますね


芸能人の方もガンで亡くなったり、ガンにかかって苦しい思いをされてる方が沢山います



しかし、ガン検診が全てのガンにおいて有用かと言うとそうでもないと言う情報も同時に流されています。


この事においては有用派と効果無し派とでかなり議論されているようです。


確かにここのところガン検診を受けろ、と言う情報がむやみに拡散されている感も受けてしまいます。


これは医療業界、製薬業界がもう一つの儲ける窓口を増やしたい、と言う思惑が垣間見える出来事のようにも思われるからです。


ともかく、ガン検診をら受けなさい、と言うメッセージが沢山流されている中で、ガン検診には効果がそれほどないのでは?と言うメッセージもあるということも押さえておかないといけない事実だと私は思います。


とかく日本の情報はほとんどがテレビで流されて、そして、その情報が世間のトレンドになりやすい、と言う体質があります。



無料の放送電波が沢山ある日本ならではのシステムだからこそ起こり得る現象で、洗脳されやすい土壌が育っているということでもあると理解しています。


その中で、メディアが一つの情報に染まった時、反対側から情報を見てみる情報の捉え方を常に意識していくこを忘れないでいたいと思います

腰痛治療は三華堂
2015.11.16 Monday 12:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 

加工肉はガンの発生率が18パーセント増加

WHOにて加工肉を一日50グラム以上摂取していると将来的に大腸ガン発生率が18パーセント上昇するという結果を発表していました



http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-34645057


これはびっくりします、ほぼ2割です。


ハム、ソーセージ、など加工した肉はみなさまの食生活に密接に関わっています
、美味しいですよね、私も好きです


しかし、加工肉をとると将来的に2割のガン発生率上昇につながると言うととても心配になります

しかし、本当にこれを真正面から受け止めて明日から摂取しない、という選択をするべきかは甚だ疑問です


そもそも、日本人は一日50グラムもとりません、加工肉。そして、恐らくにはなりますが、そのデータは外国人が対象になっているデータでしょう


どういう加工肉かもよくわかりません。


ということで、とりすぎるとガンになるかもしれません、というくらいの認識でいいのかもしれません。


確かに、赤肉や加工肉を沢山とる人を追いかけるとガンを発症していることが多かった、ということは他のニュースや外国語の医療雑誌でも見かけたことがございます。

なので、今回話題のニュースもあながち外れてないかもしれませんが、大切なのは、そういうデータがある、ということを知った上でどういう選択をするか、ということだと思います。


どの食べ物も極端に偏った場合は何かしらの病気になります。

それは加工肉も赤身肉も同じと言えるでしょう。

一番危険なのは、情報を知らずに選択が出来ないことです。

みなさん、情報をしっかり集めて、どういう選択をなぜするのか、を心がけるようにお勧めいたします


腰痛治療は三華堂
2015.11.09 Monday 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |