<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

夜尿で夜起きる

[ 夜尿 ]
 最近昼も夜も気温が下がり、このまま秋になるのではないかと思わされる日々です。
皆様体調はくずしていないでしょうか?私の周りは体調を崩してしまっている人が出始めています。



さて、夜に気温が下がるとトイレにおきてしまうということもあります。
夜トイレにおきると寝不足になりますよね。それが毎日続けば、これほど面倒な事はないと思います。

さて何かいい方法はないものでしょうか。

自分で対応する方法としては、お灸を使って体を刺激する方法があります。
寝る前に行いましょう。



千年灸で十分です。
温度がそれそれあるので焼けどしないレベルのものを選びましょう

次の場所ですが、おなか側は中極  関元



後は四つのお灸(火力は最低のもの)でお臍の周りを囲むよう配置

そして背中側は 腎愉 命門 になります。ここは背中なので難しいのかもしれませんが、できなくはないです。




腰の骨は5つあり、背骨の突起、腰の一番下の骨の突起が5番目になりますのでそこから数えましょう。腎愉は三つ上の腰椎2番の突起のしたの左右二つのツボです。
(下の写真は前からみた骨の図ですね)


腎愉は腰椎2番の背骨の突起のしたのへこみです。



夜温度が下がる体力の下がっている人はいろいろおきると思います。
少しでも自身でコントロールできると日々生活しやすくなると思います。
いろいろ方法があるとは思いますが、夜尿に対する方法を紹介いたしました。

腰痛治療は三華堂
2015.09.02 Wednesday 11:18 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |