<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

硬膜外脂肪腫の腰痛って…

こんにちは、今日はコートを着ないといけない日和です。寒暖差が激しいので本当に大変^^;

この間医療番組で変わった腰痛の話しをしていました。

その名も硬膜外腰痛症というものです



どういう腰痛かというと、脊柱の中に脊髄神経が通る管があるのですが、その管に脂肪が溜まり、神経圧迫を起こす事で腰痛や、歩行困難という症状がでる病気です



症状が脊柱管狭窄症と酷似しているらしくぱっと見見分けがつかない。そしてMRIで撮影する時もかなりその病気を疑って撮影しないと発見出来ないそうです。
ただ硬膜外脂肪腫は座っている時も痛くて、脊柱管狭窄症は座っていると楽という事。この部分で見分けがつくようです




硬膜外脂肪腫と言う名の通り脂肪が脊柱管についてしまう病気なのですが、その痛みの機序と言うのがこちら









脂肪が炎症物質を出すらしいですね。
こんな腰痛があるのはびっくりしました。

なりやすい人はやはりメタボな人だそうです。
太っている人はただでさえ腰痛になりやすいのに、脂肪が脊柱管にまで溜まってそこでも腰痛の原因になってしまうなんて、本当に太っていてもいい事はありません。

このテレビでは、最終的にオペをして脂肪をとる事で問題は解決したと言っていました。

ダイエットではその脂肪は取れないのか気になる所。

腰痛でもいろいろな原因があるという事ですね。みなさんも脊柱管に脂肪がたまるような生活にはならないようにしましょう

【調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂はりきゅう整骨院】
2018.04.05 Thursday 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) | 

ぎっくり腰、初めてなった人は・・・

JUGEMテーマ:健康

 

こんにちわ、最近暖かくなってきましたが、まだまだ寒暖差が激しいですね。

春になり寒さが減っては来ていますが、冬からこの季節に多いのが腰痛です。

 

特にぎっくり腰になりやすい季節。

 

まだなったことがない方には分からないのですが、ぎっくり腰になると初めてなった人は痛さで絶望します。

大体ぎっくり腰の人は【この世の終わり】というような顔でいらっしゃいますが、治ってくると安心するのか、ぎっくり腰になったときの事を忘れていきます。

 

冬は寒さで筋肉が動きにくいから腰を壊しやすいのでしょう。そして春は寒暖差があるのでやはり体が冷えやすい。

暖かくなると血管が開いて体が弛緩しますが、そのあと寒くなると開いた血管から体が冷えやすくなります。

 

その為冷えっぱなしの冬より体に寒さが入りやすく、暖かくなったにも関わらず変わらずぎっくり腰や腰痛になりやすいのだと思います。

 

ぎっくり腰になっても治療をせずにおいておいて、1か月くらいしても痛みが引かないので治療を受けに来る方もいます。痛みは発生してから処置までの時間が長くなればなるほど改善しにくくなります。なのでほっておいても治っていくかもしれませんが、治らない可能性を考えた場合、ぎっくり腰になった時は全力で治す事をお勧めいたします。

 

【調布市国領で腰痛治療から自律神経ケアは三華堂はりきゅう整骨院】

2018.03.17 Saturday 16:40 | comments(0) | trackbacks(0) | 

腰痛にならないためにお尻が大切な理由...【調布市国領で腰痛治療から自律神経ケアは三華堂はりきゅう整骨院】

JUGEMテーマ:健康

 

こんにちわ、毎日マメにブログを書こうと何度も思いましたが、どこかでくじけてしまいます(笑)

くじけぬ心が欲しい(知る人ぞ知る特性です(笑))

三華堂(さんかどう)はりきゅう整骨院は腰痛と自律神経を専門としています。最近ご相談が多いのが五十肩なのは秘密ですが.....
ということで、今日は昨日のブログの補足として、腰痛にはお尻が大切な理由を説明したいと思います。
さて、腰痛の患者様のお世話をすることが多かったので、そういった方には必ずお伝えしているのが、体を支える部位として大切な場所はどこなのか、ということをお伝えしています。
なぜその話が必要なのかというと、体を支える場所の能力が高くないと、腰に負担がかかってしまい腰痛になりやすくなるからですね。
腰痛の人の場合は、腰を支える場所のケアも併せてしていかないと、なかなか腰痛もいい方向に導くことができません。なのでそういった説明をして、腰痛という漠然とした症状を具体的に考えられるように情報を伝えています。そして腰痛の予防をするためには体を支える能力が必要だという事も説明しています。
では、体を支える場所というのは果たしてどこなのか、それは
お尻(骨盤の筋肉)です
昨日のブログでお伝えした、体の積載量を担っている所です。
お尻(骨盤)はたくさんの太い筋肉や、広い筋肉、大きな筋肉が付着している場所です。そのすべての筋肉が重要なのですが、例えば、その中の中殿筋という筋肉が弛緩すると、体を支えることができなくて、お尻(骨盤)を振って歩くような症状が出始めます。例えば、そこまでいかなくても中殿筋が少し能力が落ちただけで、おそらく骨盤を支える力が落ちることから姿勢が微妙に安定しなくなるでしょう。
そして、梨状筋という筋肉の間からは坐骨神経が足の方向に走っています。この梨状筋の状態により坐骨神経が圧迫されてしびれが出るということにつながるわけです。
と、例として中殿筋や梨状筋を上げましたが、お尻(骨盤)の筋肉はどれをとってもとても重要な姿勢を安定させるための筋肉として働いているわけです。
ということでお尻(骨盤)の筋肉の能力が何らかの要因で落ちると、体を支えられなくなり、体を支えるために腰周りの筋肉への負担が増えるのではないかと私は考えています。(ここは、私の持論になるので各各先生方の反論はなしにしてください(笑))
腰の筋肉の負担が増えて、腰の筋の許容量がオーバーすることで腰痛という症状が引き起こされるとなるのでは、と思います。
いかがでしょう、お尻(骨盤)の筋肉が体を支えていて、腰痛とは関係ないとは言えないと思います。お尻(骨盤)の筋肉をしっかりケアをして、体を支える力を安定させ腰痛予防につなげましょう★

 

 

2017.08.23 Wednesday 17:51 | comments(0) | trackbacks(0) | 

腰痛が再発するのは....【調布市国領で腰痛治療から自律神経ケアは三華堂はりきゅう整骨院】

JUGEMテーマ:健康

 

こんにちわ、ようやく天気が回復の方向に進んでいます。しかし、いままでずっと曇りだった天気が晴れに変わると気圧の変化が生じます。するとまた、体の調子が悪くなる。

 

ということで、頭痛や、お腹の調子を悪くされている方も多いのではないでしょうか。

 

ここ最近の天気の変化、特に冷夏の影響でぎっくり腰の方が何人か来ていらっしゃいましたが、回復の方向に進み始めています。

さて、そういう方の話を聞いていると、ぎっくり腰初めてやりました!っておっしゃる人は結構少ないです。

 

一年前になりました、や、二か月前になっていてそのまままた繰り返しましたなどなど。

 

要は腰痛 ぎっくり腰は再発しやすいということです。これは腰痛もちならあるあるネタだと感じます(笑)

 

ではなぜ腰痛、ぎっくり腰は再発しやすいのでしょうか。これは僕が出張治療をしていて、ぎっくり腰ばかり見ていた時に本当によく考えました。そして、自分の近親者にぎっくり腰が起きて、それが何度か繰り返したときに、本気でその繰り返す可能性を考えて答えを出す必要があるなと感じました。

 

ということで、いろいろ考えた結果、出した結論、それは

 

体の積載量が足りない!!

 

ということです。

 

積載量とは、物を積むことができる量の事です。よく車や、トラック、船で積載オーバーという言葉を聞くと思います。あれが人間にも適応できるのでは、と考えたのです。

 

ぎっくり腰や腰痛の人を良く見ていると、総じて年齢が似たような年である事、そして、体重が重い人や、筋肉が落ちていそうな人に起きていると感じました。

 

自分の体重に比べてそれを支える能力が足りていないがゆえに、腰の筋肉に負荷が過剰にかかり、結果壊れる。

※このあたりの詳しい理由はとりさるモンの動画、30代で腰痛が起こる原因はもん! 参照

 

体を触っていての主観なので別にエビデンスがあるわけではありません。だがしかし!経験則というのは案外馬鹿にできませんので、その方向で私は原因を考えています。

※そもそも我々手技療法の人間はエビデンスに縛られてしまっては良さがなくなってしまうという持論を持っています

 

ということで、人間において積載量を増やすとはどうすればいいのか、という新たな疑問が出てきました。そしてその対応策は

、お尻と、太もも、ふくろはぎの筋肉量のアップ、および各箇所の疲れをとる、という結論に至っております。

その腰痛再発防止、お尻と太もも ふくろはぎトレーニング動画をとりさるモンが説明していますので、興味のある方は参考にしてください。

 

その理由はまた今度、気が向いたらブログにつづっていきます。

 

積載量が少なければそれだけ体の維持が不安定になり、ちょっとした負荷がかかっただけで倒れたり、動けなくなったりします。

皆さん腰痛を抱えていない人も、自分の積載量は常に余裕を持った状態を保つことをお勧めいたします!

 

【調布市国領で腰痛治療から自律神経ケアは三華堂はりきゅう整骨院】

 

 

2017.08.22 Tuesday 11:01 | comments(0) | trackbacks(0) | 

冷夏でまさかの腰痛に【調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂はりきゅう整骨院】

こんにちわ、久しぶりのブログ投稿です。

最近新しいポスターのデザインやらチラシの刷新やら、動画の製作の為時間と気力がありませんでした^^;


温石ボディケアをやろうと思っていまして、このようなポスターを作っていました。


作っていた当初すごく暑かったので、この暑いのに温まりに来るなんてあるのかって感じでしたが、ここのところ本当に寒くて、案外需要が出るかもしれないって思い始めました

さて、この低温の夏、皆様体調は崩していませんでしょうか?

実は夏って腰痛(ぎっくり腰)や、そのほかの痛み系の症状って減るのです。ていうか、僕の体感ですが(笑)

なので毎年夏は暇だったりしていました。

しかし、今年、この冷夏、腰痛、ぎっくり腰が起きている人が増えているようです。

そうですよね、寒くなれば筋肉も動かなくなるので腰痛(ぎっくり腰)や膝痛など抱えていれば当然そこの動きが悪くなるので無理に動かせば壊れやすくなるでしょう


さて、この夏に来ている腰痛(ぎっくり腰)患者さん達を見ていて夏の腰痛(ぎっくり腰)に関して個人的に分析したので一つ、書いておこうかと思いました。

早速、綴っていきます。
『冷夏の寒さの奇襲攻撃で腰痛(ぎっくり腰)を起こす』


夏って体が冷えやすく出来ています。それは夏の暑さを逃がすために血管が拡張して、熱を逃がしているからです。

これは事実です。

さて、そのような環境が出来上がっているときに突然外気が寒くなったらどうなるでしょうか。

冷えやすい体が出来ているわけですから、当然体に冷気が入りやすくなりますよね。


そうなると、冷気が体に入ることにより一気に筋肉が冷えてしまい、筋の動きが落ちて、引きつり感や腰痛(ぎっくり腰)などの症状が出やすくなるということなのだと思います。

腰痛(ぎっくり腰)には気をつけてくださいね^^;

これって、冬にはあまり起こり得ない事だと感じます。

そもそも冬は外気が冷たいので終始血管は収縮して、熱を外に出さないようにしています。

なので、外気が寒くなっても一気に体が冷えてしまうという事は、あまりないと言えます。

つまり体が一気に冷えて腰痛(ぎっくり腰)になるというプロセスは夏独特の腰痛と言えるでしょう。

体が思わぬ冷気の奇襲を受けて、壊れやすくなり、無理な動きをする事で壊れてしまうという事ですね。

いかがだったでしょうか、勝手に夏の腰痛を分析しました。

腰痛(ぎっくり腰)はなると痛みで動けず悲惨な状態になり、ひどいときはそのまま慢性腰痛になります。

そうなると腰痛と一生付き合う必要が出るので、ぎっくり腰や腰痛は早めに治療する事をお勧めします!

遅くなればなるほど、コストと治療期間は長くなりますから気をつけましょう

調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂はりきゅう整骨院】
2017.08.16 Wednesday 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) | 

治療の頻度って【調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂(さんかどう)整体法鍼灸治療院】

こんにちわ、今日は休み明け第一日目です。

さて、今日は朝から患者様にはご来院頂き開業当初としてはとても嬉しく思います。


治療に関していろいろな考え方があり、どれが正解というものはないと考えてます。

僕としては治ればなんでもいいと思っているからですね。

なので、治療頻度に関しても一発で治る、というやり方もあれば、何度かきて治していくという考え方もあると思います。

僕の治療に関する考え方は後者の『何度か刺激を加えて治していく』という考え方です。


一発で治る治療が出来ればそれに越したことはないのですが、正直僕は慎重というか、疑り深いので一発で治るというのがどうしても心配になるのです。

腰痛治療やその他首の治療もそうなのですが、方法を学んでいく中でその治すためのプロセスを自分なりに咀嚼して理解して現在にいます。


プロセスが自分の中で落とし込めている治療は患者さんに説明していても説得力が出るのですけど、それがない場合はどうしても力強く説明出来ません。


なので、結果として、本当にそれで大丈夫か?と自分の中で思うところも出てしまうので、一発で治す、という事に関しては僕のやり方ではない、という結論になっています。

患者さんによっては一回やったら腰が曲がるようになりました、とか、指が曲がるようになりました、という言葉を頂く時もあります。

しかし、本人がそう言っていたとしても、僕はイマイチ信じていません。よかったですね、と言いながらも、これは油断出来ない、とかなりその発言を疑っています。

治ったって言ってるのですから素直に信じればいいですよね(笑)

まあ、私自身がそんな感じなので、地道に少しずつ悪い所をとって行き、三ヶ月位で何か変化を出す、というようなロードマップで治療を進めて行くようにしています。

調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂(さんかどう)整体法鍼灸治療院】
2017.03.14 Tuesday 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) | 

再来院を少し増やして

三月末に予定がある、という患者さんがいらっしゃいました。

それを知ったのが本日だったので、少し急いで状況を改善していかないといけなくなりました。

まあ急いで治るものでもないといえばないのですけど。

とりあえず一週間に一度の感覚でやっていけば一、二ヶ月で終着点に行くだろうなと思っていたのですが、もう少し急いで治れば尚良しという状況に変わりました。

さて、今日は前回の刺激強度よりも少しあげて、中国鍼を使って梨状筋のケアをしてみることにしました。


中国鍼は割と大きいので使わなくていい人には使っていません。

あとは刺激頻度を少しあげるために次のご予約を前倒しで設定しました。

これで目的の時までに少しでもいい状態になればいいなと思います。

次来院頂いた時の状況次第で、大腰筋刺鍼を試してみたいと思います

調布市で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂整体法鍼灸治療院】
2017.03.09 Thursday 12:41 | comments(0) | trackbacks(0) | 

腰痛のケアには梨状筋【腰痛治療は三華堂整体法鍼灸治療院】

腰痛のケアのポイントはいろいろあるとは思いますが、私としてはお尻の梨状筋は欠かせないポイントだと感じています。




梨状筋だけやってればいいというわけではありません。

だがしかし、梨状筋は入れないといけないポイントだとはいえます。

長らく腰痛をやっていると、正直腰のどの辺が痛いのかわからなくなります。


腰が痛い、と感じていても、実はお尻が痛いとなっていることもよくあります


あと、梨状筋の下には坐骨神経が走行しています。よって、足のしびれなどが出ている時はお尻の緊張感が高くて、梨状筋が硬くなり坐骨神経を圧迫している事もあるのです。

という事で腰痛の治療には欠かせないポイントの一つとさせていただきます!

でも、治療者によって考え方は様々ですから、あくまで持論とさせてください☆

【腰痛治療は三華堂整体法鍼灸治療院
2016.08.02 Tuesday 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) | 

30代になって腰が痛くなるのは【腰痛治療は三華堂整体法鍼灸治療院】

なんだか最近腰が痛くなった、と感じる三十代の方も少なくないのではないでしょうか?



現在腰痛は国民病とも言えるポピュラーな病気です。

でも、なぜ三十代なのでしょう。実際私も三十代を超えてから腰に不安定感を感じるようになりました。


だから、なぜなのか、という部分にとても興味を持ちました。



そこでいろいろと考えた結果、これは単純に筋肉が体を支えきれてないだけなのではないのか?という結論にたどり着きました。

と言うのも、握力を図ったら学生時代よりも10は低下していたのです。

これは、握力でそれなのだから足も落ちてるのではないか、と疑問に思いました。

確かにお尻周りや太ももが細くなっているのと、歩く時間が低下している事実はあります。

と言うことで、毎日あまり膝を曲げないスクワットと、つま先立ちをやることにしました。



すると、腰の不安定感と、たまにくる腰痛は無くなってしまいました。

三十代に来る腰痛は、筋肉代謝が悪くなって肥満からの体重増加と、足とお尻の筋肉不足が合わさって起きる、腰への過積載状態なのではないのか、と言うのが私の出した結論となっています。



もちろん、最初は徹底的な治療をして、腰痛が軽くなれば足回りのトレーニングと言う順序があります。


みなさん、足の筋肉弱っているのではないでしょうか?

【腰痛治療は三華堂整体法鍼灸治療院】
2016.07.21 Thursday 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) | 

梅雨の時期に増える腰痛【腰痛治療は三華堂整体法鍼灸治療院】

最近腰痛に悩まむ人が増えているようです。

毎年梅雨の時期と冬は腰痛が増えます。

冬は体が固まっているからで、梅雨は湿気が多いせいでやはり筋肉が動きにくくなるからだと感じます。

鍼灸やマッサージに治療に来る方も増えます。

鍼灸やマッサージ、整体で体のバランスを整える事で体の動きも良くなります。

なのである程度は体の不調が起きにくくなるでしょう^_^

この時期の体のケアは大切です!

【腰痛治療は三華堂整体法鍼灸治療院】
2016.06.24 Friday 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 3 PAGES | >>