<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

病の対処は年齢が若いときから

  どんな体の不調もそうですが、対処は早いほうがいいよいと思います。

特に若いときは代謝も早く回復が早いので、すぐに直ります。それがゆえに、それが普通だと思ってしまい無理をしがちです。

しかし、すぐに直る体は一時でしかありません。なので無理をしない癖を若いときからつけている必要があるかもしれません。
JUGEMテーマ:健康

三華堂
2011.11.23 Wednesday 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | 

病の対処はあきらめないように

JUGEMテーマ:健康
 一度体を壊すと、割とあきらめたくなります。
実際、死ぬほどでの症状が出るわけではありませんのでそうなるのはしょうがないですよね。

しかし、割としつこく体調が悪いことになりそうな原因を考えて対処していれば回復していくと感じます。

ようはどこまであきらめないかと言うことが肝心になるかと思います。 


三華堂
2011.11.22 Tuesday 09:44 | comments(0) | trackbacks(0) | 

年齢から見る腰痛(まとめ)

 さて、腰痛の年齢の様々を考えましたが、いかがでしたでしょうか。

10代から高齢者までの特徴を並べて行くと、若いときからなるべく早く腰痛を抱えないように
しているほうが高齢者になっても苦労しない生活が送れるように感じました。

30代は20代の腰痛が慢性化して来たものが多く、そして40代はその慢性化したものをあきらめて、50代で変形が始まり、そして60代で変形が完成して行くように思います。


体の不調はなるべく抱えず、そして若いときは不調を侮らず、仕事だからや、クラブ活動があるから と考えず、しっかりと直して年をとっていく事をお勧めしたいと思います。

三華堂
JUGEMテーマ:健康
2011.11.21 Monday 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) | 

年齢から見る腰痛(高齢の腰痛60代)

 
JUGEMテーマ:健康

さて、高齢の方の腰痛はどうなるでしょうか。
高齢者の方で腰痛を抱えている場合は、姿勢が曲がり、変形している方が多くなり始めます。
変形が見られない方は、自身で努力して姿勢を維持している方が多く感じます。

変形してくると、もう治癒は難しくなると思いますので、疼痛緩和の方向に進むと思います。

疼痛が少しでも和らげば、日常生活も楽になりますので、治療をしていきましょう。

三華堂
2011.11.20 Sunday 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 

年齢から見る腰痛(中年の腰痛3、50代)

 
JUGEMテーマ:健康
前回は中年の腰痛(40代)に関して考えました。では高齢者に近づく方はどうなるのでしょうか。

50代の方の腰痛は、なんらかの理由ですでに慢性化したかたが大半です、後は突然起きるぎっくり腰のような急性の腰痛を抱える方が出ます。

そして慢性化した腰痛に関しては、変形したり、治ることが難しいと言われている方が多いように思われます。


ガンや、消化器 肝臓や腎臓など、具体的臓器の異常が腰痛に繋がることも多いようです。

慢性化している腰痛は治すのは難しいかもしれませんが、自己ケアをして、なるべく疼痛緩和をするようにしたほうが精神的にゆとりが出来ると思います。

三華堂
2011.11.19 Saturday 08:11 | comments(0) | trackbacks(0) | 

年齢から見る腰痛(中年の腰痛2、40代)

 
JUGEMテーマ:健康
前回は中年の腰痛(30代)を考えました。それでは体の回復力が落ちてからの腰痛はどうなるのでしょうか。

40代になると、さすがに体力の衰えを感じ始めます。このころになると、自分の状況を自覚して体をケアする人と、もう中年のおじさん おばさん だからとあきらめに入る人との二つに分かれるのが特徴だと感じます。

年のため という言葉が出始める年でもあると感じます。


仕事や、病気、疲れから腰痛になる方が多くなり、体全体のバランスがおかしくなる事が多くなるようです。40代位になるとそれまで体を手入れしていたかどうかが問われ始めます。


しかし、まだおそくはありません。自分はもう出来ないと感じず、考え方を変えて体のケアをしていくと良い方向に進むことが多いと思います。

三華堂


2011.11.18 Friday 08:45 | comments(0) | trackbacks(0) | 

年齢から見る腰痛(中年の腰痛、30代)

JUGEMテーマ:健康
  前回は青年の腰痛について考えました。それ以降の腰痛はどうなるのでしょうか。

中年(30代)の腰痛は主に仕事、そして急な運動による急性の腰痛からの慢性化する事が多いことでしょう。そして、内臓が悪くなり、腰痛と言う症状が併発するのも、30代以降の腰痛の特徴だと思われます。


30代は青年期の回復力の高さを覚えたまま、自分の回復力が落ちていることを自覚していない方が多い年代です。寝れば回復するだろう、次の日には大丈夫であろう、ほっておけばなおるであろう、と考えがちです。

しかし、30代は一気に体の機能が落ちる年代です。風邪や怪我が一ヶ月くらい続くことは結構ざらになります。こんなに体が治らなかったっけ?と自覚するころには慢性化しています。


気持ちは若くても、体はもう10代ではありません。放置して置いて体が回復するありがたい時期は終了していることを自覚するところから始める必要があります。
ぎっくり腰 腱鞘炎 体の治療は三華堂
2011.11.16 Wednesday 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) | 

年齢から見る腰痛(青年の腰痛、20代)

 
JUGEMテーマ:健康
こんにちわ 前回は子供(10代)の腰痛に関して考えました。

今日は子供を終えその後の20代の腰痛を考えます。

20代の腰痛も子供の腰痛と共通する部分は多いと思います。
やはり過度なスポーツをして腰痛になる方も多い年代です。

子供の腰痛と違うのは、オフィス仕事や、力仕事などによる腰痛が出始めるのも青年期の腰痛の特徴です。

仕事は日常的に負担がかかる事になります。そこから腰痛が発生するのですが、若いがゆえに腰痛になっていると自覚する人が少ないかもしれません。しかし何ヶ月も続く違和感に初めて自覚をし始めることになります。

仕事も大切ですが、体は一つしかありません、しっかりとケアをしてあげましょう

三華堂
2011.11.15 Tuesday 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) | 

年齢から見る腰痛(子供の腰痛、10代)

 
JUGEMテーマ:健康
腰痛を様々な角度から考えて見ます。

最初は子供の腰痛に関してです。
子供は基本的に体が柔軟で怪我や病気はすぐに治ります。
しかし中には腰痛を抱えいる方もいます。

子供(10代)のときに起きている大半の腰痛は、スポーツや過度な運動から来る腰痛が多いようです。
次に多いのが肥満から腰に負担がかかっている事もあげられます。

子供の場合、回復力が高いがゆえに、腰痛になっても怪我の重大性が分からず、原因のスポーツを続けて悪化させたり、肥満を解消する事を怠る事が多いようです。そのまま子供を終え大人になり、慢性腰痛に移行している方も少なくはないはずです。

回復力が高いうちに原因を改善し、しっかりと直しておく事をお勧めします

三華堂
2011.11.15 Tuesday 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) | 

腰痛は全年齢の症状

JUGEMテーマ:健康
  今まで年齢と腰痛を考えてきましたが、改めて腰痛は全年齢で起きることが分かりました。

腰が痛いと肩こりや首の凝りを起こします。不眠になったりもします。

是非ともご自身で体のケアを心がけ、向き合っていきましょう。
その中でも毎日柔軟をすれば筋肉が固まらなくなりますのでお勧めの自己ケアです。

三華堂
2011.10.31 Monday 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |