<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

マッサージの活用方法(痛い時はやめよう)

 マッサージはするべき時があります、そしてしてはいけない時もあります。

怪我などで痛みを発している時、マッサージは大敵です。

痛んでいる所を刺激する事で怪我が悪化するからです。

ですので、マッサージはそのような時は控えて安静にするか治療家に見てもらうか病院にかかりましょう。

三華堂
JUGEMテーマ:健康
2011.11.14 Monday 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マッサージの活用方(ダイエット補助として)

JUGEMテーマ:健康
  こんにちわダイエットの活用方法としてダイエットに活用する方法を案内します。

結構ダイエットでマッサージする方は多いかもしれませんね。
しかし、マッサージその物に脂肪を落す効果はあまり期待はできないかも知れません。あくまでダイエットをサポートする為に活用すると考えたほうが良いでしょう。

ダイエットのために運動をすると基礎代謝が上がりますのでそのサポートとしてマッサージをしてあげるとさらに代謝が上がり脂肪燃焼を助けます。ダイエットサポートとしてプラスアルファの道具として使うと非常に効果が期待できます。

【どの様な施設を選ぶとよいか】
全身をマッサージして貰える様な場所が良いでしょう。リラクゼーション施設や指圧マッサージ専門施設などが全身を刺激してもらえる施設になります。

【こんな人にお勧め】
ダイエットの為に努力をしてさらに効果を高めたい。
ダイエットをしてあと少しの目標が達成できない

等、ダイエットの努力をしている人がマッサージをする事でさらに高い効果を期待できます。
ぎっくり腰 腱鞘炎 体の治療は三華堂
2011.11.13 Sunday 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マッサージ活用方法(やり過ぎに注意)

 マッサージの効果としてはいろいろな良いことがありますが、やりすぎには注意です。

特に刺激が強ければ良いと思われがちですが、刺激は強くなくても大丈夫です。
本人にとって多少緩いくらいの刺激でないと筋繊維が壊れてしまうからです。

壊れた筋は動きにくくなり更に血流の悪化に繋がる事になります。

何事もやり過ぎは禁物です。


JUGEMテーマ:健康
ぎっくり腰 腱鞘炎 体の治療は三華堂
2011.11.12 Saturday 08:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マッサージの活用方(美容としてのマッサージ)

 
JUGEMテーマ:健康

こんにちわ、今日は美容としてのマッサージの活用方法案内します。

美容としてはエステ等があります。その一環でフェイスマッサージが行われます。
マッサージをする事で血流が良くなり肌が引き締まり美のレベルアップにつながります。フェイスマッサージに限らず、体をマッサージされる事で血流促進につながり、体の締りが良くなりますので直接顔をする事には限りません。

【どの様な施術場所を選ぶべきか】
エステ系の店舗であれば顔をマッサージする用意があります。通常の施術所ではメイクを外してマッサージをする事はありませんのでエステが良いでしょう。他にはリラクゼーション施設等を利用するのも一つでしょう。

【この様な人にお勧め】
日ごろから美に対する意識が強く努力をしている。
成人式や何かのイベントで写真を撮る予定がある。
お見合い前など

イベント毎や、美しくなりたい人には美容にマッサージを活用する事で良い結果につながる可能性は高くなるでしょう。
ぎっくり腰 腱鞘炎 体の治療は三華堂
2011.11.11 Friday 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マッサージの活用方(治療として)

 こんにちわ、今日は医療用としてのマッサージの活用方法を案内したいと思います。
医療用ってなに?と思うかもしれません。怪我や体を壊さない人にはピンと来ないかも知れません。

怪我をしたり、例えば手術をしたり、もしくは内臓系等の病気をする方は、総じて体が硬くなります。怪我をすれば筋肉が硬直して動かなくなります、手術をすれば切った場所を中心に組織が固まり動かなくなります、そして内臓系の病気に関してもなった後やなる前、には体が固まっています。

怪我や病気、手術後の疼痛緩和ケアとしてマッサージを利用すると病気のケアにはお勧めです。

【どんな施設を選ぶべきか】
マッサージや指圧の専門施術所、整骨院等の医療知識を持っている施術所をお勧めします。
それぞれ手技が全然異なりますので何が正解なのかがわかり難いのが難点ですが、病気を沢山した私としてお勧めするのは、しっかりと話を聞いて会話が成り立つ術者がリーダーでいる所であれば丁寧に対応して貰える可能性は高いでしょう。

【こんな人にお勧め】
怪我の跡で痛みがある。
手術後のリハビリが必要。
よく病気になる。
等の方はマッサージを医療として活用するとよいでしょう。


ぎっくり腰 腱鞘炎 体の治療は三華堂
2011.11.10 Thursday 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マッサージの活用方(医療用訪問マッサージとして)

JUGEMテーマ:健康
  こんにちわ今日は訪問マッサージとしての活用方法を案内します。

マッサージを必要としている方として動くことが出来ない方もいます。何らかの障害があり行動できない方やぎっくり腰等で体を壊している方が当てはまります。

足腰が弱り動けず筋肉が固まっている状態や、ぎっくり腰で動けない方など、無理に外出せずご自宅で施術を受ける事で疼痛緩和になり体の平穏を保つ事が出来ます。

【どの様な施設を利用するべきか】
訪問をしてくれるサービスを提供している場所が良いでしょう。私のような施術者から老人施設を営む業者まで様々ですが、一度いろいろ電話してみて親切な対応をする場所がお勧めです。

【このような人にお勧め】
体が弱って動けない、もしくは障害で動けない。
ぎっくり腰で動きたくない。
妊娠して動けない。

等、動くに動けない方には訪問マッサージを利用する事で問題の緩和を期待できるでしょう。

三華堂
2011.11.09 Wednesday 08:15 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マッサージの活用方(スポーツ補助として)

JUGEMテーマ:健康
  こんにちわ、今回はスポーツ補助としてマッサージを利用する方法を案内します。
スポーツは急激な力が筋肉や体に加わるため、結果筋肉の動きが悪くなったり、もしくは事前に筋肉を緩めていないと、動いたときに切れてしまうような怪我をしたりします。

スポーツの前、軽くマッサージを受ける事で筋肉の可動性が良くなり酷い怪我の発生を抑えられたり、スポーツの後、マッサージを受ける事で局部に集まった血液を体に戻す様な効果が期待できます。


【どんな施設を選ぶべきか】
指圧やマッサージの専門施術所、もしくは整骨院等医療系の場所で相談すると良いでしょう。
共に医学知識がありますので、過剰な刺激をしない施術もする事が可能です。スポーツでの怪我も対応できますので頼りになります。

【こんな人にお勧め】
週末にサッカーや野球をやる習慣がある。
ゴルフでラウンドに出る、もしくは出た。
子供の運動会に出る。

等、体を動かす予定、もしくは動かした後等の予定がある方にはスポーツ補助としてマッサージを選択してもいいかもしれません

ぎっくり腰 腱鞘炎 体の治療は三華堂
2011.11.08 Tuesday 12:05 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マッサージの活用方(疲労回復として)

 
JUGEMテーマ:健康

こんにちわ、マッサージの活用方法として今回は
疲労回復としての使い方です。

 この使い方がもしかしたら一番メジャーな使い方と言えるかもしれません。
マッサージは筋肉を動かし、動きがなくなった筋肉を動きやすくします。(疲れ)は様々な原因で起こりますが、体の結果的な変化としては筋肉が硬直して固まる事になります。

仕事上がりや、精神的ストレスを抱えている状態にマッサージを受けると、体を元に戻し、精神を解き放つ効果が得られるでしょう。

【どんな施設を選ぶべきか】
クイックマッサージや指圧マッサージ専門施術院は手軽にマッサージを受けることが出来る場所になります。クイックマッサージに関しては大規模に展開しているところが多いので施術技術が統一されてますので、手軽に安定した技術を受けるのには適した場所になります。

【こんな人にお勧め】
仕事で同じ姿勢をするために肩背中が疲れる。目が疲れるような方。
嫌な事が続き今一スッキリしない様な方。

等、体が重かったり、精神的に疲労している場合にも効果的です。

ぎっくり腰 腱鞘炎 体の治療は三華堂
2011.11.07 Monday 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マッサージの活用方(リラクゼーションとして)

 マッサージをうまく使う。やはりリラクゼーションとしての使い方をする方が多いのではないでしょうか?

リラクゼーションは精神を落ち着け、緊張を解し、その結果肌の艶が出たり自分に対する意識が高まります。自分磨きの一つの道具として利用する方法です。

週に一度はリラクゼーション、精神的リラックスとして施術を受ければかなり落ち着いた精神をたもてるのではないでしょうか。

【どんな施設を選ぶべきか】
リラクゼーション系のマッサージとしては、オイルマッサージやハーブなどリラックス効果を出す道具を使う場所が、リラクゼーション系の特徴です。

技術だけではなく、施術場所全体の雰囲気を大切にしてもらえるサロンを利用するとリラクゼーション効果は高まるでしょう。

【こんな人にお勧め】
精神的にストレスが溜まっているので、意識を和らげたい。

自分のモチベーションや体を磨いてもっと自分を高みに持って行きたい。

勝負事の前に精神を落ち着かせたい。

等、これからの自分を高めて行きたいや落ち着かせたいと言う意識を持っている方にはリラクゼーションとしてのマッサージがお勧めかもしれません。
ぎっくり腰 腱鞘炎 体の治療は三華堂
2011.11.06 Sunday 08:33 | comments(0) | trackbacks(0) | 

マッサージの活用方(最初に一言)

 こんにちわ、マッサージという言葉は知っていますよね。タイ式、指圧、中国式、スポーツマッサージなどなど名前は様々あふれています。

では実際マッサージをどのように使えばいいのか、と言う事はいまいちピンと来なかったりします。

マッサージの活用方を簡単に紹介していきましょう。


リラクゼーションとしてのマッサージ。

疲労回復としてのマッサージ。

スポーツ補助としてのマッサージ。

医療用の訪問マッサージ。

治療の現場でのマッサージ。

美容のマッサージ。

ダイエット補助としてのマッサージ。

など等、どういうときに利用すればいいのかを案内します。

ぎっくり腰 腱鞘炎 体の治療は三華堂
2011.11.05 Saturday 08:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |