三華堂はりきゅう整骨院/整体院のブログ

自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂鍼灸整骨院のブログです。

自分での簡単な体の問題への対処方法など医療のことから私の気になったことの紹介まで幅広く情報を発信する窓口にしたいと考えています。

http://sankado.com/
お店の紹介、髪の毛の病院SUR(シュール)【調布市国領で腰痛治療から自律神経ケアは三華堂はりきゅう整骨院】
0

    JUGEMテーマ:健康

    先日患者様から、自分が開業した時は50件くらい回ってチラシを置かしてもらった。開業当初は汗をながしてなんぼだ、というお話を伺いました。

     

    なるほど、私はチラシを置いてもらうために近所のお店に挨拶には行っていませんでした。お隣の美容室【さくら】さんにはお隣さんということでいってたらあちらから置いてあげるということを伺い置いていただきました。

     

    ということで昼休み、自宅への帰り道でいつも気になっていた美容室へチラシを置いてもらえるか伺いました。なぜか私がいしきしているのがいつも美容室(笑)。昔長い間ヘアモデルをしていたことも関係しているからでしょう。

     

    その美容室の名前は 調布市国領の美容室SUR(シュール) 髪を傷ませない美容院

     

     

    髪の毛の病院といネーミングあは初めて聞きました。だから毎回店の前を通るたびに気になっていたのです。しかも病院というくらいですから、若干医療を意識しているのであれば、鍼灸院と親和性は高いなとも思いました。

     

    ということで、お店に勝手にお邪魔させていただき、チラシを置かしてほしい旨を伝えると、忙しい中快く引き受けていただきました。初めてお願いしに行って、いきなり置かしてもらえるとは思えなかったのでうれしかったです。しかも名刺も併せて置いていけば?ということだったので名刺も置いていきました。

     

    代わりにうちの資料も店内に置かしてほしいとのことだったので資料をいただいてきました。

    資料を拝見すると、頭皮ケアと顔のケアを合わせて施術している美容室です。これ、美容鍼と目的は同じところですね(笑)院の中においても違和感はありません。

     

    美容室でこういうことをやっている所は珍しいのではないかと思います。

    国領で髪の毛の悩みや、頭皮、フェイスラインもヘアカットと併せて相談したい場合はお勧めできます。

     

    【調布市国領で腰痛治療から自律神経ケアは三華堂はりきゅう整骨院】

    美容の治療 | 16:35 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
    とりさるモンの思い出日記『通り雨に打たれたもん!』を公開いたしまし
    0

      JUGEMテーマ:漫画/アニメ

       

      こんにちわ、久しぶりのブログです。とりさるモンの日記を公開いたしましたのでお知らせです。

      とりさるモンの思い出日記『通り雨に打たれたもん!』をアップいたしました。よろしければ見てあげてください☆

       

      ということで思い出日記シリーズの絵も数えるとだいぶ増えてきました!数えると23個あります。

      自分で見返してもよく作ったなーという印象です(笑)

       

      思い出日記とは、とりさるモンが休日にしたことを日記に書いて、その時の写真も併せて貼っているという内容になります。

      毎回とりさるモンたちがいろんなところに出かけたり、自分たちの治療院でイベントをしたりとその時旬なことを行っています。

       

      ご興味がある方は是非とも見ていただけると幸いです。

       

      さてとりさるモン、これからもっといろんな方に見ていただくために新しい何かを始めないといけません。

      今度一つ試しに作ってみるつもりですが、他のアニメのキャラクターの体の悩みをとりさるモンがふさわしいツボを勝手に決めて解決していく という動画を作ってみようと思います(笑)

       

      短い分数の簡単な動画で、見てもらいやすいものにしたいなーと思います。

      こうご期待。

       

      【調布市国領で腰痛治療から自律神経ケアは三華堂はりきゅう整骨院】

      鍼灸整骨治療の精霊【とりさるモン】 | 19:32 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      とりさるモンの治療院第24話(最終話)をアップロード
      0

        とりさるモンの治療院第24話【みんなでお花見もん】を先週アップロードしました^_^

        ブログを書く時間もなく公開から大分過ぎてしまいました。


        とりさるモンの治療院第24話【みんなでお花見もん】



        さて、今回のお話はお花見に行った時のお話です。

        時期から大分ずれてしまいました^^;これは開業の作業をしていて制作時間がとれなかったからです。単純にそれだけ。

        ということで二ヶ月ほど遅れてのアップとなりました。

        そして、この回で一応今季最終話と言うことになります。

        とりさるモン達の登場と、世界観の説明をしたくて作った24話、長い長い制作との戦いが一通り終わりを迎えたのです!



        さて、とりさるモンを運用したこの一年、いろいろ頑張っていろいろと発見もありました。

        キャラクターをここまで作りこめた事は誇りでもあります(笑)

        では発見できた事を記していきましょう


        発見1
        オレジナルキャラクターは知ってもらうのが難しい

        これはやる前からなんとなくわかっていました。でも実際作ってみて、動画を出してみて本当に大変だなーと思いました。シビアな再生数がそれを物語っています(笑)


        発見2
        ファンの人達が暖かい。

        とりさるモンではツイッターも運用しています。
        とりさるモンのツイッター
        ツイッターではとりさるモンの日常をとりさるモンが日々ツイートしているのですが、これが思ったよりも反応してくださって助かっています。

        実はこんなにツイッターを通してコミニケーションができるとは思っていませんでした。

        全然無名のキャラクターに対してここまで世話を焼いてくれる人達がこんなに沢山いるのか、という事にびっくり。そして、励みになっています^_^

        作り込まれた動画よりも、コミニケーションが大事なんだなーと感じました


        【発見3】
        健康に関してとりさるモンに相談してもらえる

        ツイッターでとりさるモンに健康の事を聞いてくれる人がいるというのが発見でした。

        キャラクターに相談ってと思うかもしれませんが、それだけ親しんでくれているという事なのだと思います。案外これは馬鹿に出来ない現象だなと感じました。

        【発見4】
        締め切りに追われる日々

        作り始めた当初は、連載出来るレベルで作ろうと思っていました。だから動画のクオリティはそれほど考えてはいませんでした。

        ですが、やってみると動画を作る作業に案外手間取り、結局かなりギリギリの戦いをしながら作っていく事になりました。

        そして、動画作りに慣れてくると次はクオリティを上げたくなり、あげるとまた作業時間が伸びるという悪循環^^;

        一回二回で終わるならいいのですが、この作品、とにかく続ける事が目標だったため、制作と締め切りの狭間での常にゆり動いていた一年でした。


        という事でまだまだいろいろ気付いた事はありますがこの辺りで終わりにします。

        とりさるモンはまだグッズやオリジナルの物販がないので何か見ていただいている方に販売出来るといいなと感じます。
        その為にはもっとたくさんの方に知っていただいてとりさるモン達を可愛がってもらえるように頑張らないといけませんね

        【調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂はりきゅう整骨院】
        鍼灸整骨治療の精霊【とりさるモン】 | 13:54 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        とりさるモンの治療院!第23話【お灸は水に弱いもん!】を公開しました
        0

          JUGEMテーマ:漫画/アニメ

          JUGEMテーマ:健康

          こんにちわ、鍼灸を知ってもらうためのプロジェクト、とりさるモンの治療院!の第23話【お灸は水に弱いもん!】を公開いたしました。

          早いもので、もう23話になりました。途中いろいろ忙しかったために制作が追い付かなくなりました。なので2か月ほど遅れて投稿しています。

          今回のお話は、とりさるモンの治療院のお休みの日の一幕になります。お灸の精霊もぐっさんは晴れた日の縁側でゴロゴロするのが大好きです。そこに中国鍼の精霊シンさんがやってきて一緒にゴロゴロするのですが.....

          と、たわいもないお話です(笑)

          お灸の性質について軽く触れている動画です。あとは最近出てきたお灸の精霊もぐっさんが主役のお話を作りました。良ければご覧になっていただけると幸いです。

          一年で24話、鍼灸が関係したアニメを作る、というのがまずはとりさるモンの治療院!の目的地でした。もうすでにゴールが見え、

          次がラストのアニメになります。

          そしてそのラストのアニメが作られて【とりさるモンの治療院!】が完全な状態として存在することになります。

          そう、ここからが【とりさるモンの治療院!】のスタートラインです。実はここまでのアニメはとりさるモンの世界観と仲間たちを登場させるためのストーリーです。

          これからとりさるモンたちと一緒に鍼灸や整骨院といった本当に地味な仕事に光を当てていきたいなと思っています。そのために彼らとどういったことをすればいいのか、これから考えて動いていきたいなと思います。

          何がいいと思いますか?何か意見がある人がいれば是非とも伺いたく思います(笑)

          グッズとか、アイテムを作るのも何か違う気がして今まで何も作っていません。というか制作に力を使って、作るための活動資金がないからでもありますが(笑)

          何か面白いことをとりさるモンを使ってできればいいなと思います。

          鍼灸整骨治療の精霊【とりさるモン】 | 11:49 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          ストレス性の緊張の施術【調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂はりきゅう整骨院】
          0

            こんにちわ、店舗を出してから約2ヶ月経ちました。早いものです。



            出張をしていた時とは治療する患者さんの質が違う事に気づきました。

            また来月も新しい出会いがあるのでしょう、緊張と楽しみが交差します^_^


            この間、ストレス性の患者さんの施術をしました。


            本人は体を使った仕事のあとの疲れでとにかく体を脱力させたいという希望でした。


            少し聞いただけなら単純に肉体労働からの体の疲れだと感じます。


            しかし、よくよく聞くと過度の緊張感に常時晒されており、夜も寝にくいという話です。


            いまいち寝ても体の疲れがとれにくいのでパフォーマンスが悪く、やりずらいという事でした。

            ここまで聞くと、これは体を使って単純に疲れているというよりも、ストレス性の交感神経過多からくる体の緊張だなと感じました。

            多分肉体労働からくる体の疲れであれば強いマッサージなどを選択したりするのでしょう。

            三華堂の場合は肉体労働からくる体の疲れ、でも、交感神経過多からくるストレス性の緊張でも、脈の型に合わせて鍼を打つので基本やる事はかわらないのですけど、患者さんの捉え方が変わってきます。

            ストレス性の交感神経過多からくる緊張感であれば治療として少し継続した方がいいですけど、どこも悪くなく単純に疲れてるだけならケアとしてとりあえず刺激を入れる、というやり方になります。

            ここを捉え違えると接し方に影響して、ひいては体を導く事が出来なくなります。

            私はパソコンやインターネットのサポートをITの会社で行っていた事があります。

            インターネットにつながらないやパソコンが変な動きをするといったテクニカルなサポートです。


            この手の仕事はテクニカルな知識はもちろんですけど、現在の顧客環境の状態と実際何が出来てどうなっているのか、の把握がどれだけ出来るのか、というところが解決の要になります



            それを知るためにはしつこいぐらいのヒアリングと、話を聞いていて矛盾があった場合の突っ込んだ確認、あとは何か変だと思った時の確認がとても大切になります。

            お客様は正しい事を伝えてくれる事はほぼありません。なので基本的に相手の言ってる事は話半分くらいに聞いて後はこちらで誘導していかなければいけないのです。

            それを電話だけで行う、と言うのがITのサポートの仕事です。


            つまり、何が言いたいかと言うと、治療院の仕事もまさにそれと同じだと感じます。

            患者様は自分の不具合を来院時に伝えてきます。その不具合には当然原因があって、今体がどうなっているのか、という結果があるわけです。

            しかし、患者様はそれを把握していません。ただ、しんどい、痛い、という抽象的な言葉でしか伝えてきません。

            ITであれば、パソコンが動かない、ネットにつながらない、しか言ってきません。

            解決するためには、あいまいな情報からいかに具体的な情報として形にする事ができるのか、という事がとても大切になります。

            日常生活はどんな事をしていて、現在何が出来て何が出来ないのか、どんな姿勢をとると痛いのか、などなど、そしてそれを誰にでも伝わる言語に変換する事で、より具体的になり解決への道筋ができると感じます。

            今回来た患者様もまさにそうだと思いました。実際目の前に患者様がいらっしゃると迫力に押されて言われるがまま流される事はよくあります。

            しかし、そこで流されていては問題解決につながりません。
            しっかりと状況判断をして誘導していく精神的タフさがこの仕事には必要だなと感じた今日この頃です

            【調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂はりきゅう整骨院】
            ストレスの事 | 11:37 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            肩の痛みに毎日お灸
            0

              さて今週も終わりました。
              来週からまた頑張ります。

              と言うことで、最近肩が痛い人が多いのですが、自己ケアをするように勧めています。

              これはどの症状の人にも勧めているのですが、お灸です。

              特に肩の痛み(五十肩)は結構しつこく長引きます。なので自己ケアは大切です。

               

              今日も肩のご相談を頂いた患者様にお灸を渡しておきました。毎日お灸でケアしていただきます!

              早く良くなれば患者様にも特ですしこちらも安心します。

               

              痛みがとれるなら何でもやるべきです。

              JUGEMテーマ:健康

              肩の痛みの治療(五十肩や健板炎など) | 21:17 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              腕を上げたら肩が痛い(五十肩)
              0

                JUGEMテーマ:健康

                こんにちわ、店舗の開業をしてからひと月と少しが過ぎました。

                いろいろありすぎて、開業って改めて大変だなと感じます。

                 

                ということで出張施術中は腰痛ばかり見ていましたが、最近相談が多いのが、肩の痛み(五十肩)。出張施術中には五十肩の治療もやりました。

                腕を前にあげると腕の前が痛い、腕の後ろが痛むという五十肩の症状の人が相談にいらっしゃることが多いです。

                 

                うちは看板に腰痛、自律神経、という風に出しているのですが、肩の相談にいらっしゃいます。

                鍼灸や整骨ってどんな症状でも見るのが基本なので肩が来ても問題はありません。

                 

                というか、腰痛、自律神経を打ち出していますが、とりあえず今までたくさんやった分野を書いて

                わかりやすく看板で見せているだけなので、膝がきても肩が来ても、そのほかどんな症状が来ても基本的には

                やることが変わるわけではないので問題がないのです。

                 

                ということで、最近肩の痛みに関して相談を受ける事が多い今日この頃。大体は五十肩の症状ですが、

                中にはそうでないのも混じっています。

                 

                腱板の何かしらの不具合、これの場合だと、腕を上げたら肩が痛む、というのとはちょっと症状の出方が違うように思います。

                五十肩は肩関節周囲炎なので腱板の不具合もこれに含まれるといえば含まれるのかもしれませんが。

                 

                なので、その部分をもう少し素早く切り分けしていかないといけないなと感じる今日この頃。これだけ肩ばかり来ていればなれちゃいそうですけどね。

                肩の痛みの治療(五十肩や健板炎など) | 17:16 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                治療家仲間のサロンへ【調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂はりきゅう整骨院】
                0

                  こんにちわ、最近雑務に追われていてブログが書けませんでした。

                  僕たち士業は一人になると本当に努力しないと横のつながりが出来ません。

                  会社や学校みたいに隣に同僚がいないからです。という事で、仲間で連絡を取り合い情報交換をする事は意識してやっていかないといけないと私は考えています。

                  今週月曜日に、私の知り合いの鍼灸師が経営しているサロンにお邪魔しました。

                  彼女は美容を目的とした鍼灸を行う術者です。僕が美容鍼とであったのも彼女経由でした。



                  鍼を知らないと鍼は何に使えるのかちっともわかりません。なので美容に使える事も知る人ぞ知るという情報になるとおもいます。

                  彼女は僕の古い知り合いになるのですが、当時からかなり変わった鍼灸師でした。だから開いたサロンも個性的です。

                  ここで鍼を打つなんてあまり想像は出来ません





                  術者さんも見た目は鍼を打つ人には見えません。施術所は本当にその人をよく表すのでしょう、素敵な雰囲気ですね



                  サロンにお邪魔して、いろいろと話をしていましたが、鍼灸の価値みたいな話になり盛り上がりました。

                  最近同業も増えてきて競争が激しいので価格競争が生まれており、皆さん値下げ合戦です。

                  でも僕らはそのやり方ってどうなの、という立ち位置です。もちろん、初回だからキャンペーンで値引きをしたり、何か季節ごとにキャンペーンで値引きで感謝を表したりは必要だと思います。

                  しかし、あまりにも行き過ぎた値引き合戦、半額にしたりほぼ無料にしたりといったやり方は、自分達の価値を落としている事になるのではないのか、という風に思います。


                  この点においては彼女と意見は一致していました。彼女も始めた当初は初回少し値引きしてやってみたそうですが、値引きした時は来るけど、通常に戻ったら来なくなる、という経験があったそうです。

                  ここから推測すると、値引きできて通常に戻ると来なくなるという事は、本来その施術所に来る属性の人ではなかったという事なのではないかと思います。

                  結局いまは値引きなどはせずに運営をしていて、患者さんも来ているようです。


                  僕が行っている美容室も最初値引きしていたらしいですが今はやっていないそうです。

                  値引きでは来るけど値引きをやめたら来ないからというお話でした。

                  結局、値引きで来るのは値引きに魅力を感じて来ているだけで、店やスタッフに魅力を感じて来ているからではないのでしょう。

                  知り合いのサロンでは一時間ほど話をして店を後にしました。



                  ちなみにこのサロン、紹介制で通りすがりは受付していません。本当に尖っています(笑)京都のお店みたいですよね。

                  なのでこのブログでは店の名前も連絡先すら載せないという記事になります。

                  彼女の治療院も僕の治療院もそうですが雰囲気を大切にしたいという想いが強くあります。

                  それは、価値を少しでも高めて今提示している金額が安いと思っていただくための施作です。


                  カフェって、食事も美味しいのですけど、雰囲気が素敵ですよね。だからパスタとサラダとドリンクだけで1250円とか出せるわけだと思います。

                  これがサイゼリアの雰囲気なら高くて800円位でしょうか。同じものを出されても雰囲気がいい方が高くても納得出来ます。

                  これから僕たちはお店を頑張らないといけませんから値引きも含めて、経営と真摯に向き合っていかないといけませんね

                  【調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂はりきゅう整骨院】
                  店舗開業してからの道のり(鍼灸院経営) | 09:20 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  チラシのデザインを【調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂はりきゅう整骨院】
                  0

                    こんにちわ、最近雑務が多くて疲れています^^;

                    治療の患者さんはまだそれほどなので治療で疲れるということはありませんが、その他の雑務が多くてそれが大変です。

                    何をやっているかというと、サイトの作成やチラシのデザイン、ポータルサイトへの出稿など、主にデザイン関係でパソコンの前に張り付いています。

                    院にパソコンが来てからは患者さんがいない間はデザインと作成に時間が使えるので家でやらなくてよくなったのは本当に助かります。

                    さて、今やっているのはチラシのデザイン。と言っても、院内で置いておくのは出来てるので、ポスティング用のチラシです。


                    鍼灸や整骨院って広告制限があるのはほとんどの人は知りません。

                    その広告制限に関して、保健所から本当にしつこく言われたので守ったチラシを作って一旦提出するという流れになっているのです。

                    もうほんと面倒!

                    まず

                    1、金額を書いてはいけません

                    2、腰痛とか肩こりとか具体的な症状を書いてはいけません。

                    3、クーポンやキャンペーンを書いてはいけません

                    4!自分の流派や経歴を書いてはいけません。ちなみに整体という言葉も入ってはいけないので、整体法、を消させられました


                    これです。もう営業妨害もいいところです。それを頭ごなしに言ってくる保健所って何様なのかと思います。

                    自分たちが何百万もかけて出店したら、とか考えてもないのでしょう。

                    それを守らせることで会社の中では鼻高々なのでしょうね。全くもって保健所以外誰の特にもなっていません。
                    保健所が知らないとこでやってる分に関してはほっとけばいいのに、わざわざ探りを入れてくる、見にくるという念の入れようです。
                    利用者側から見た場合、広告制限があるなんて知りませんから金額書いてなかったら不思議に思います。でも書いてはいけない。

                    これは誰のためのルールで保健所は誰のためにそれをしゃかりきになって守らせようとしているのか。
                    だって、金額提示しないをやったらぼったくり鍼灸整骨院が出来てしまいます。

                    値段を提示せずに患者さんを誘導して、実際サービスを受けた後に法外な値段を吹っかける。

                    これが法律でできてしまうという事です。

                    そもそも金額書いてなくて、何が得意なジャンルなのかとかわからなくて誰が鍼灸整骨院に行きますか?

                    そもそも保健所の人間はそれを見て自分たちがそういった施設にかからないのか?と言いたいです。

                    今回開業してみて、保健所は施術者の敵だという事がよくわかりました。これじゃあ潰れるところが多くてもわかります。


                    ただWEBはその範囲外なので自由に書いています。
                    という事で、本来やらなくていいチラシのデザインを追加でやっているわけです。

                    調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂整体法鍼灸整骨院】
                    店舗開業までの道のり | 11:09 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    治療の頻度って【調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂(さんかどう)整体法鍼灸治療院】
                    0

                      こんにちわ、今日は休み明け第一日目です。

                      さて、今日は朝から患者様にはご来院頂き開業当初としてはとても嬉しく思います。


                      治療に関していろいろな考え方があり、どれが正解というものはないと考えてます。

                      僕としては治ればなんでもいいと思っているからですね。

                      なので、治療頻度に関しても一発で治る、というやり方もあれば、何度かきて治していくという考え方もあると思います。

                      僕の治療に関する考え方は後者の『何度か刺激を加えて治していく』という考え方です。


                      一発で治る治療が出来ればそれに越したことはないのですが、正直僕は慎重というか、疑り深いので一発で治るというのがどうしても心配になるのです。

                      腰痛治療やその他首の治療もそうなのですが、方法を学んでいく中でその治すためのプロセスを自分なりに咀嚼して理解して現在にいます。


                      プロセスが自分の中で落とし込めている治療は患者さんに説明していても説得力が出るのですけど、それがない場合はどうしても力強く説明出来ません。


                      なので、結果として、本当にそれで大丈夫か?と自分の中で思うところも出てしまうので、一発で治す、という事に関しては僕のやり方ではない、という結論になっています。

                      患者さんによっては一回やったら腰が曲がるようになりました、とか、指が曲がるようになりました、という言葉を頂く時もあります。

                      しかし、本人がそう言っていたとしても、僕はイマイチ信じていません。よかったですね、と言いながらも、これは油断出来ない、とかなりその発言を疑っています。

                      治ったって言ってるのですから素直に信じればいいですよね(笑)

                      まあ、私自身がそんな感じなので、地道に少しずつ悪い所をとって行き、三ヶ月位で何か変化を出す、というようなロードマップで治療を進めて行くようにしています。

                      調布で自律神経ケアから腰痛治療まで、三華堂(さんかどう)整体法鍼灸治療院】
                      腰痛総合 | 17:32 | author チョッパー | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                      • 1/54PAGES
                      • >>